インフルエンザが最も流行る時期は?ワクチンの効果は?どんな型に?

a0002_007513

冬になると、インフルエンザに感染しないよう注意しましょう、とよく言われますよね。

年末年始に感染したら、病院も休みだし、せっかくの正月休みも台無しです。

インフルエンザワクチンを接種するとか予防が必要ですが、どんな型に効果があるのでしょうね。

また、インフルエンザが最も流行る時期はいつなんでしょう?

スポンサードリンク

インフルエンザが最も流行る時期は?

インフルエンザが流行するのにも、時期というものがあります。

毎年冬になると、インフルエンザが流行するから注意しようという話を聞きますよね。

インフルエンザは、冬など寒い時期になるとどうして流行るのでしょうか。

ひとつには、この時期がインフルエンザウィルスにとって活動しやすいということです。

気温が低く、乾燥しているこの時期は、インフルエンザウィルスにとってはいい時期なんですね。

だから、インフルエンザが流行る時期には予防接種をしたりする必要があるわけです。

また、ちょうどインフルエンザの時期って、年末年始が入っているころでもありますよね。

年末年始で多くの人が移動することによって、インフルエンザのウィルスが運ばれる時期ともいえるようです。

インフルエンザワクチンの効果は?

当たり前ですが、インフルエンザは「かかる前に予防する」と言うことが基本です。

かかってからインフルエンザを治すよりも、まずは「かからないようにする」と言うことが非常に大切になるのです。

そのインフルエンザを防ぐ為に効果がると言われているのが、ワクチンの存在。

特に、抵抗力のない子供とお年よりは「インフルエンザにかかることで、重症化して死に至る」と言うケースがある為、ワクチンの接種は必須と言われています。

子供の場合、インフルエンザワクチンの接種は2回と大人より多いですが、それでもかかるのを防ぐことが出来るというのは心強いです。

インフルエンザワクチンは、流行するシーズンになると、あらゆる病院で取り扱いがはじまります。

小児科や内科がある病院なら、比較的どこでもインフルエンザワクチンの接種を受けることができますので、きちんと受けておきましょう。

もちろん、子供だけでなく、大人もインフルエンザワクチンを打っておくことは大事です。

子供から大人にインフルエンザがうつることもあれば、その逆もありますからね。

スポンサードリンク

インフルエンザのワクチンを打っても、かかってしまうことがあります。

でも、ワクチンを打っているために症状が軽く済みます。

インフルエンザワクチンを打ったからと言って安心するのではなく、手洗いうがいを徹底するなどの予防は必要ですよ。

インフルエンザワクチンはどんな型に?

インフルエンザには、「A型」「B型」「C型」の三種類があります。

この三種類のどれかが、年に大流行してインフルエンザにかかる人が増加するのです。

よく「インフルエンザを予防する為にワクチンを打つ」と言われていますが、これはその年に流行する型をあらかじめ予想し、その型にあわせたワクチンを打つ必要があります。

型が違うインフルエンザワクチンを打っても、それでは予防になりません。

また、「インフルエンザワクチンを打ったのに、かかってしまった」と言う場合は、打ったワクチンとは別の型のものにかかってしまっている可能性があります。

インフルエンザワクチンを打った型だけが流行するとは限りませんし、流行していなくても、一定の割合で他の型も出てきますので、こちらから感染する可能性があるのですね。

インフルエンザの型で怖いのが、流行を繰り返すうちに突然変異で新しい型が出てきてしまうこと。

よくニュースで「新種のインフルエンザ」と言う言葉を聞くと思いますが、これは型が何らかの事情で変異し、別のものになってしまったものです。

この「新種のインフルエンザ」になると、ワクチンや薬が対応できるかどうかの問題が出てきて、非常に大変です。

以前、新型インフルエンザが流行した際には、それに対応するワクチンの製造が追いつかず、多くの学校や保育園で休園休校が相次ぎました。

インフルエンザのワクチンは早めに摂取しておくことも大切。

特に新型インフルエンザが流行する時は、ワクチンの数が足りずに早々に無くなってしまうので、早めに予約して摂取しておいたほうが間違いないです。

まとめ

インフルエンザは、症状が出る24時間前から既に感染する能力を持っています。

また、高熱が出てインフルエンザが疑われたとしても、検査をして反応が出るまでには長い時間がかかるために、すぐには特定できません。

この間にインフルエンザウイルスが他の人に感染し、感染者を増やしてしまうことがあるので、そのことには十分注意をしなくてはなりません。

インフルエンザが疑われる症状が出たときは、ワクチンを摂取していたとしても、すぐに病院に行き、医師の診察を受けましょう。

摂取したインフルエンザワクチンとは別の型のインフルエンザウイルスに感染しているかもしれません。

また、その場で「インフルエンザではない」といわれたとしても、後から反応が出る可能性もありますので、万が一のことを考えた対応をしていかなくてはなりません。

スポンサードリンク

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




関連記事

スケジュール手帳の種類とは?ディズニーはダウンロードできるの?
顔のシミを消すにはどういう消し方が?取り方は?レーザー治療は?
チゲ鍋の辛いスープのカロリーは?うどん入れたら?雑炊にしたら?
恵方巻きの正しい作り方食べ方は?向く方角は?いつ食べればいいの?
オルニチンの効果の凄さとは?肝臓に溜まった毒を排出?サプリは?
インナードライとは皮脂が過剰に分泌する肌?診断って?改善方法は?
フォークリフトの資格取得は講習受講が必須?種類と難易度は?費用は?
グルコサミンとコンドロイチンの違いとは?効果を比較してみたら?
外貨預金は投資初心者におすすめの資産運用?金利は?確定申告は?
イオンのクレジットカードのポイントは?作り方、審査は?住所変更は?
小児喘息の初期症状とは?原因は遺伝以外にも?治療薬だけで治るの?
悪化するまで解りにくい爪の水虫の症状とは?一番よい治し方は?
ヴィトン長財布の本物を買うためには?偽物・コピーの見分け方とは?
口臭を予防する歯磨きの方法とは?薬はあるの?どんなグッズが良い?
スタッドレスタイヤの寿命は年数?溝の減り方?走行距離?

Menu

HOME

TOP