全英オープンテニス2017のドローと錦織圭のウインブルドン試合予定

全英オープンテニス2017がテニスの聖地ウインブルドンで7月3日開幕、錦織圭が念願のグランドスラム優勝に挑みます。

ゲリー・ウェバー・オープンでは突然の臀部痛のため途中棄権した錦織圭、回復状況が気になるところですが、ここでは、全英オープンテニス2017のドローと錦織圭の試合予定及び放送予定をお知らせします。

スポンサードリンク

全英オープンテニス2017のドローは?

シードは最新の世界ランキングだけではなく、過去の全英オープンの結果などが加味され、以下のようになりました。

第1シード:アンディ・マレー(イギリス)wr1位 2016優勝
第2シード:ノバク・ジョコビッチ(セルビア)wr4位
第3シード:ロジャー・フェデラー(スイス)wr5位
第4シード:ラファエル・ナダル(スペイン)wr2位
第5シード:スタン・ワウリンカ(スイス)wr3位
第6シード:ミロシュ・ラオニッチ(カナダ)wr7位
第7シード:マリン・チリッチ(クロアチア)wr6位
第8シード:ドミニク・ティエム(オーストラリア)wr8位
第9シード:錦織圭(日本)wr9位
第10シード:アレクサンダー・ズベレフ(ドイツ)wr12位

世界ランキング1位、昨年優勝のアンディ・マレーが第1シード、錦織圭は第9シードです。

全英オープンテニス2017のドローは6月30日に発表されました。

錦織圭(日本)は第1シードのアンディ・マレー(イギリス)のヤマです。

【トップハーフ3回戦(上位シードが2回戦を勝ち上がったとして)】

第1シード:アンディ・マレー(イギリス)
┤①
└第28シード:ファビオ・フォニーニ(イタリア)

┌第20シード:ニック・キリオス(オーストラリア)
┤②
└第14シード:リュカ・プイユ(フランス)

┌第12シード:ジョーウィルフリード・ツォンガ (フランス)
┤③
└第24シード:サム・クエリー(アメリカ)

┌第31シード:フェルナンド・ベルダスコ(スペイン)
┤④
第5シード:スタン・ワウリンカ(スイス)

第4シード:ラファエル・ナダル(スペイン)
┤⑤
└第30シード:カレン・ハチャノフ(ロシア)

┌第21シード:イボ・カロビッチ(クロアチア)
┤⑥
└第16シード:ジレ・ミュラー(ルクセンブルク)

第9シード:錦織圭(日本)
┤⑦
└第18シード:ロベルト・バウティスタ・アグート(スペイン)

┌第26シード:スティーブ・ジョンソン(アメリカ)
┤⑧
第7シード:マリン・チリッチ(クロアチア)

【ボトムハーフ3回戦(上位シードが2回戦を勝ち上がったとして)】

第6シード:ミロシュ・ラオニッチ(カナダ)
┤⑨
└第25シード:アルベルト・ラモス=ビノラス(スペイン)

┌第17シード:ジャック・ソック(アメリカ)
┤⑩
└第10シード:アレクサンダー・ズベレフ(ドイツ)

┌第13シード:グリゴール・ディミトロフ (ブルガリア)
┤⑪
└第23シード:ジョン・イスナー(アメリカ)

┌第27シード:ミーシャ・ズベレフ(ドイツ)
┤⑫
第3シード:ロジャー・フェデラー (スイス)

第8シード:ドミニク・ティエム(オーストリア)
┤⑬
└第32シード:パオロ・ロレンツィ(イタリア)

┌第22シード:リシャール・ガスケ(フランス)
┤⑭
└第11シード:トマーシュ・ベルディヒ (チェコ)

┌第15シード:ガエル・モンフィス (フランス)
┤⑮
└第19シード:フェリシアーノ・ロペス (スペイン)

┌第29シード:フアン・マルティン・デル・ポトロ (アルゼンチン)
┤⑯
第2シード:ノバク・ジョコビッチ(セルビア)

問題は4回戦で当たる第7シードのマリン・チリッチ(クロアチア)です。

2014年の全米オープン決勝でグランドスラム優勝を阻止されたのがマリン・チリッチ。

2016年の全英オープン4回戦で左脇腹痛のため途中棄権した時の対戦相手がマリン・チリッチ。

2016年のスイス・インドア決勝でも優勝を阻止されたのがマリン・チリッチ。

もはや、天敵とも言えるマリン・チリッチ戦が最大の山場です。

全英オープンテニス2017の試合日程は?

全英オープンテニス2017の試合日程は以下の通りです。

7/3(月)男子シングルス1回戦
7/4(火)男子シングルス1回戦
7/5(水)男子シングルス2回戦
7/6(木)男子シングルス2回戦
7/7(金)男子シングルス3回戦
7/8(土)男子シングルス3回戦

7/10(月)男子シングルス4回戦

7/12(水)男子シングルス準々決勝

7/14(金)男子シングルス準決勝

7/16(日)男子シングルス決勝

※日付は現地日時、日本時間は+8時間です。

全英オープンテニス2017 TV放送予定は?

TV放送はWOWOWとNHKGで放映される予定です。

WOWOWは全試合ノーカットの生中継です。

NHKGは試合を絞った形での時差中継(決勝のみ生中継)です。

7/5(水)0:10-4:20 男子シングルス1回戦(時差)
7/7(金)0:10-4:20 男子シングルス2回戦(時差)
7/9(日)0:05-4:25 男子シングルス3回戦(時差)
7/11(火)0:10-3:56 男子シングルス4回戦(時差)
7/13(木)0:40-3:56 男子シングルス準々決勝(時差)
7/15(土)0:10-3:51 男子シングルス準決勝(時差)
7/16(日)22:00-翌0:25 男子シングルス決勝(生中継)

全英オープンテニス歴代優勝者は?

全英オープンテニス男子シングルス歴代優勝者(過去5年間)は以下の通りです。

2017年 アンディ・マレー(イギリス)
2015年:ノバク・ジョコビッチ(セルビア)
2014年:ノバク・ジョコビッチ(セルビア)
2013年:アンディ・マレー(イギリス)
2012年:ロジャー・フェデラー(スイス)

全英オープンテニス2017のみどころは?

全英オープンテニスはイギリス・ロンドンのウィンブルドン (Wimbledon) にあるオールイングランド・ローンテニス・アンド・クローケー・クラブで開催されるテニス4大大会3つ目のグランドスラム、グラスコートの大会です。

錦織圭の過去5年間の結果です。

2016年:4回戦で敗退 VS マリン・チリッチ(クロアチア)
(1-6、1-5、第2セット途中左脇腹痛のため棄権)
2015年:2回戦で棄権(左足ふくらはぎ痛のため)
2014年:4回戦で敗退 VS ミロシュ・ラオニッチ(カナダ)
(6-4、1-6、6-7、3-6)
2013年:3回戦で敗退 VS アンドレアス・セッピ(イタリア)
(6-3、2-6、7-6、1-6、4-6)
2012年:3回戦で敗退 VS フアンマルティン・デルポトロ(アルゼンチン)
(3-6、6-6、1-6)

錦織圭はベスト16が最高の成績で、さらにこの2年間は棄権が続いており、必ずしも相性のよい大会とは言えません。

右手首痛が回復し、万全の体調となったと思われた直近のゲリー・ウェバー・オープンでよもやの臀部の痛みが発生し、途中棄権しました。

昨年10月の楽天オープンでも同じように臀部の痛みが発生し、途中棄権しています。

しかし、3週間後のスイス・インドアでは見事に復活し、準優勝に輝きました。

今回は全英オープンの初戦まで2週間しかありませんが、昨年のスイス・インドアのような活躍を期待したいですね。

第1シードのアンディ・マレー(イギリス)、第2シードのノバク・ジョコビッチ(セルビア)ともに今シーズンのスランプから復活しきれない状態です。

今シーズン絶好調、出場試合を絞ってこの大会を目標としてきた世界ランキング5位のロジャー・フェデラー(スイス)が第3シード、全仏オープンで復活優勝し世界ランキング2位に上がったラファエル・ナダル(スペイン)が優勝候補となりそうです。

波乱の多い全英オープンでは何が起きるかわかりませんので錦織圭にも、思いもよらぬ結果が待っているかもしれません。


スポンサードリンク

全英オープンテニス2017 錦織圭の1回戦の対戦相手、試合結果は?

世界ランキング105位のマルコ・チェッキナート(イタリア)と対戦します。

7月3日(月)21:30~ ※日本時間

○錦織圭(日本)3-0 マルコ・チェッキナート(イタリア)●

【第1セット】6-2
【第2セット】6-2
【第3セット】6-0

⇒VIDEO WIMBLEDON 2017, First Round Highlights, Kei Nishikori vs Marco Cecchinato

錦織圭、初戦は圧勝!

怪我の影響はまったく感じられませんでした!

全英オープンテニス2017 錦織圭の2回戦の対戦相手、試合結果は?

世界ランク122位のセルジー・スタホフスキー(ウクライナ)と対戦します。

7月5日(水)21:00~ ※日本時間

○錦織圭(日本)3-1 セルジー・スタホフスキー(ウクライナ)●

【第1セット】6-4
【第2セット】6-7(7-9)
【第3セット】6-1
【第4セット】7-6(8-6)

⇒VIDEO WIMBLEDON 2017, Second Round Highlights, Kei Nishikori vs Sergiy Stakhovsky

錦織圭、熱戦を制して3回戦へ進出!

全英オープンテニス2017 錦織圭の3回戦の対戦相手、試合結果は?

第18シードのロベルト・バウティスタ・アグート(スペイン)と対戦します。

7月7日(金)19:30~ ※日本時間

●錦織圭(日本)1-3 ロベルト・バウティスタ・アグート(スペイン)○

【第1セット】4-6
【第2セット】6-7(3-7)
【第3セット】6-3
【第4セット】3-6

スポンサードリンク

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




関連記事

バルセロナ・オープンテニス2016 錦織圭の試合予定と結果速報
ATPワールドツアー・ファイナルズ2016 錦織圭の試合予定と結果
オーストリアオープン2016男子 水谷隼と丹羽孝希の試合予定と結果
韓国オープン2017女子卓球のドロー 平野美宇の試合予定及び結果
カルティエのラブブレスの意味合いとは?フルダイヤ?ハーフダイヤ?
卓球ジャパンオープン2016男子 水谷隼の試合予定と結果速報
都立高校の受験対策は中学一年生から?内申の割合は?塾は必要?
クリスマスプレゼントで彼女が喜ぶランキングとは?アクセサリーは?予算は?
全米オープンテニス2016 錦織圭の試合予定と対戦相手予想及び対戦成績
FISジャンプワールドカップ 札幌 大倉山へのアクセス、駐車場は?
本田真凜 2017世界ジュニアフィギュアスケート選手権の得点と順位
大谷翔平 2016年の試合予定と結果速報?奪三振数は?ホームランは?
中国オープン2016男子 丹羽孝希 村松雄斗の試合予定と結果速報
高遠桜 駐車場の空きを探す裏ワザは?混雑や渋滞を避けるルートは?
ジャンプワールドカップ女子 アルマトイ 高梨沙羅 第16戦 第17戦の結果速報

Menu

HOME

TOP