ヴィトン長財布の本物を買うためには?偽物・コピーの見分け方とは?

20160112-02

本物のヴィトン長財布を欲しいと思うのは当然のことですよね。

とはいえやはりヴィトンは超一流ブランド品なので、本物のヴィトン長財布の値段は高価なものです。

そこでどうしても本物のヴィトン長財布で安いのはないか、と探してしまいますよね。

でも、本物のヴィトン長財布かどうか見分けられないほど、最近のブランド品のコピー商品は非常に巧妙になっているそうです。

自分自身が騙されたり、損をせずに本物のヴィトン長財布を購入することが出来るよう、ここでは、ヴィトン長財布の本物を買うためのコツ、偽物・コピーの見分け方について解説していきます。

スポンサードリンク

ヴィトン長財布の本物を買うためには?

激安ショップやオークションで本物のヴィトン長財布が「本物ですが激安です!」なんて売っていたら思わず飛びつきたくなりますよね。

しかし、どうして本物のヴィトン長財布が異常に安い値段で売っているのかは、よく考えたほうがいいですよ。

場合によっては本物のヴィトン長財布と言いながら、ケタがひとケタ違っていることもありますし、それが果たして本物のヴィトン長財布なのかどうか。

「安物買いの銭失い」ということわざがありますよね。

これってまさに本物のヴィトン長財布かどうかわからない、激安ブランド品を買おうと思っている人、買った人に当てはまる気がします。

実際オークションで本物のヴィトン長財布と思って安い値段で購入した人が、送られてきた商品をさんざんチェックしたら偽物だった、という話も枚挙にいとまがありません。

いくら本物のヴィトン長財布として「保証書」のようなものがついていたとしても、そういうのはいくらでも偽造できます。

でも本物のヴィトン長財布と思って買ったのが後に偽物とわかったら、そのショックははかりしれないでしょうね。

相手に本物のヴィトン長財布と思ったのだから返金してください、と求めようとしても、すでにもぬけの殻というのはよく聞く話です。

本物のヴィトン長財布を安い値段で買いたい!という消費者心理の弱みに付け込んでいるのですね、結局のところ。

ならば消費者の側が賢くなり、本物のヴィトン長財布を買うための知恵を身につけるほうがいいのではないでしょうか。

ヴィトン長財布の偽物・コピーの見分け方は?

ヴィトン長財布の新品に限らず、ブランド物は総じて高価です。

そんなところから激安ショップやオークションからヴィトン長財布の新品を買おうと思う人が出てきても不思議じゃありません。

しかし激安ショップやオークションは偽物のヴィトン長財布の新品が売られていることが多々あるので、よく確かめてから購入しましょう。

大枚をはたいてヴィトン長財布の新品を買うのですから慎重に。

あ、まさかいないと思いますが、道端の露店でヴィトン長財布の新品を購入しようと思っている人は、絶対にやめましょうね!

理由は言わずともわかると思いますが。

ヴィトン長財布の新品をヴィトンショップで購入する以外は、ブログやサイトでよく確かめてから購入するようにしましょう。

偽物のヴィトン長財布の新品を買ってしまって後で泣くのは自分なのですから。

ということで、ヴィトン長財布の偽物の見分け方のポイントについて解説していきます。

まずは、ファスナーやホックの金属を見ます。

財布や小物類には「ホック」がついていることが多いので、金具『オス』部分(凸)の先端が尖っている事が、もっともポピュラーな識別となっています。

スポンサードリンク

先端が丸かったり、平らだったりは基本的にダメですね!

しかし、かなり古いタイプは尖っていないものもあるので、一概には言えません。

「ホック」以外では「ファスナー」のつまみ部分の金具にも特徴が見られます。

しかし偽物は金具自体の張り合わせが雑で、しかも材料をケチってか、薄いものが多いのです。

さらに「つまみ部分」にヌメ革を使用しているものは。革の接合部分の金具に厚みがあり、横から見ると膨れているのがわかります。

大体のコピー品の金具に共通して言えることは「ハッキリ言ってチャチ」「壊れやすい」ということです。

次に、縫い目の状態を見ます。

意外と見落としやすいのですがハッキリ言って大きく違います。

本物は大体がハッキリとした黄色の糸で縫製してあります。

縫い目も返しが中途半端な位置にあったり、素材に食い込み過ぎてたりは要注意ですね。

縫い目の均等さや返しの位置を注意して見てみて下さいね。

次に素材ですが、触れるとわかりやすいのですが、ネットや通販では、わかりにくいですよね。

財布にはまずほとんどの場合、「カード入れ」や「ポケット」が付いていますね。

その「ポケット」の内側の素材ですが、本物は「革張り」ですが、偽物の大体が「ナイロン」系の「サラサラ」した素材や
薄い「ゴム」のようなものを使用しています。

続いて外側素材ですがこちらは『ライン』によって様々です。

「モノグラム」や「ダミエ」などの定番ラインは「PVC」素材と言って「キャンバス地」の表面に「塩化ビニール」をコーティングしたものです。

これは正直、判りずらいかもしれませんが偽物は表面が硬いものが多いです。

これは「ヴェルニ」や「エピ」ラインにも多く見られ、かぶせの折り曲げ部分に無理が掛かりシワが変に多く見られます。

次に「パイピング」(フチ周りの革)ですが、やはり偽物は雑なんですが、その割には硬く作られている事も多く、本物に比べ太さもあるのが特徴です。

総合してコピーの方が型崩れしにくいようです。

そして、コーティングですが、本物は軟らかさがあり決して素材からはみ出している事はありません。

本物はコーティングがしっかりしているから、素材の接合部分が長持ちして、さらには縫製も長持ちするようになっています。

コーティングの材料も違うようで偽物の大体がゴムっぽく、少し固めです。

そして意外に丈夫で滑りがあり、爪で引っかいても痕があまり残らないものが多いようです。

つまり、本物はコーティング部分がよく曲げたりする「可動部分」にやさしく作られているので長持ちしますが、偽物は素材も硬く、コーティングもいい加減なのでちょっとキズがついたり劣化すると、とめどなく壊れていきます。

まとめ

ヴィトン長財布のオークションに参加したことはありますか?

ヴィトンの長財布は高価だからなかなか手が出ないので、ヴィトン長財布オークションで中古でもいいからヴィトン長財布を安く買いたい。

そう思う人がわんさか集まっています。

ヴィトン長財布はやはり「yahoo!オークション」、略して「ヤフオク」で探すのがいちばんですね。

しかしやはり、「ヤフオク」にもたくさん出品偽者が出品されているので注意してください。

とはいえオークションでは、本物と偽物を見分けるのは非常にむずかしいです。

確認するのが写真しかありませんから、少しでも疑問に思ったら迷わず出品者に質問しましょう。

オークションでは質問にていねいに答えてくれるのが当然なのですが、中には質問に答えてくれない人がいたりします。

そういう人は参加するにふさわしくないですから、迷わず購入候補からはずしましょう。

またあまりにも激安で「ヤフオク」に出品しているヴィトン長財布をみつけたら、やはり購入しないほうがいいでしょう。

ヴィトン長財布のオークションに参加するには慎重の上にも慎重をかさねてください。

スポンサードリンク
  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




関連記事

ブライダルフェアとはウエディングプラン発表会?服装は?持ち物は?
大学受験合格祝いのプレゼントの相場は?女の子には?男の子には?
合格祈願グッズ お守り以外で人気なのは?お菓子は?ユニークなのは?
visaギフトカードを貰ったが取扱店は?お歳暮用に購入?販売店は?
ゴミのリサイクルの方法とは?どんな種類があるの?マークの見方は?
ホームパーティーの料理のメニュー?レシピで簡単なもの?飾り付け?
審査が甘いクレジットカードとは?カードローンとは?消費者金融とは?
結婚式準備に必要な期間とは?ケンカしちゃったら?手作りするには?
拭き掃除の頻度として最適なのは?重曹の効果は?ダニ退治するには?
円形脱毛症 子供は頭髪が丸くハゲてしまう?原因は?効果的な治療は?
金運上昇の方法 評判の神社は?新しい財布に替える?手相が変化?
スギ花粉症の発症時期は?症状を診断するには?特殊な治療方法とは?
東京スカイツリーのライトアップの点灯時間は?予約は?最寄り駅は?
成人式は舞川あいくプロデュースの振袖をレンタル?メイクも舞川流?
イオンのクレジットカードのポイントは?作り方、審査は?住所変更は?

Menu

HOME

TOP