秋の花粉症にはどのような症状があるの?原因は?対策するには?

マスクをする女性

秋の花粉症は春よりも自覚と発見が遅れることが多く、花粉症だとわかった時にはかなり症状が悪化していることが珍しくありません。

なぜかといいますと、秋になると風邪のシーズンということもあり、風邪だと誤解してしまうからなんですね。

秋の花粉症の症状は非常に風邪と似ているんです。

では、秋の花粉症にはどのような症状があるのでしょう?

スポンサードリンク

秋の花粉症にはどのような症状があるの?

秋の花粉症の症状としては、いわゆるくしゃみ、鼻水、鼻づまり、目のかゆみ、充血、のどの痛みなどがあります。
そこに加えて頭痛や頭が重く感じてぼーっとするなどという症状もありますから、非常に風邪と似ているわけです。

秋の花粉症の症状と風邪が違うところは、環境が変わった時に症状が和らいでいくというところでしょう。
つまり花粉症の原因物質が飛び散らないような湿度が高い雨の日などでは、症状が軽くなることが多くなります。
逆にからっとした秋晴れの日には、花粉症の症状というものはかなり悪化してしまいます。

風邪のような症状がいつまでも長引いて終わらない、という方は、秋の花粉症を疑った方がよいと思います。

スポンサードリンク

秋の花粉症の原因物質とは?

秋の花粉症の原因物質としては主にキク科の植物であることが多く、飛散率は低いですが、それでも防ぎにくいものとなっています。
よく雑草としては生えているキク科の植物ですが、意外と花粉をうまく飛ばすようです。

代表的なものとしては、ヨモギとセイダカアワダチソウがあります。
この二つの植物はかなり生命力が強く、どこにでも根を張っているので、とても厄介です。
またスギの花粉ほど飛散率は少ないとはいえ、住宅地などにはたくさん生えているので、花粉症の症状が悪化しやすいんですね。

秋の花粉症の対策方法は?

秋の花粉症の対策方法としては、やはり風邪やインフルエンザの予防に使うようなマスクを着用することですね。
また、花粉がつきにくい素材の衣服を着て、室内に入る前には花粉を払っておく必要があります。

もちろん、マスクは衛生面と花粉の付着を考えて、使い捨てが望ましいですし、花粉がつきにくい化繊などを着用する必要があります。

それでも花粉症の症状が改善されない場合は、やはり根本的に原因物質を解明するため、早めに医療機関のアレルギー外来にかかることをおすすめします。

まとめ

秋の花粉症の苦しさは、湿度が低く、気温も低いために、いっそう辛いものになりやすいですから、困難を極めます。

辛い症状に苦しんで悩むよりも、早めに医療機関で診てもらって原因物質を解明してもらい、対策を立てた方がよいですよね。

医療機関の診断結果で花粉症を発症しているということがわかったのであれば、こまめな掃除とキク科の植物に近寄らないことも重要です。

スポンサードリンク
  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




関連記事

グルコサミンの副作用とは?糖尿病患者には危険?血糖値が影響する?
恵方巻きの正しい作り方食べ方は?向く方角は?いつ食べればいいの?
スケジュール手帳の種類とは?ディズニーはダウンロードできるの?
失業保険の計算方法とは?扶養家族の関係は?アルバイトでも貰える?
肋間神経痛の原因とは?場所は肋骨辺りの鋭い痛み?治療方法は?
ゴミのリサイクルの方法とは?どんな種類があるの?マークの見方は?
秋の衣替えの時期は?どんなコツが必要?洗濯でのトラブルとは?
都立高校の受験対策は中学一年生から?内申の割合は?塾は必要?
ブライダルブーケの相場?造花よりプリザーブドフラワー?手作りは?
開運印鑑は手彫りがおすすめ?運気アップ効果は?激安な値段だと後悔?
インフルエンザの予防接種 いつから効果が?ピーク時でも間に合う?
インフルエンザが最も流行る時期は?ワクチンの効果は?どんな型に?
引越しの費用って一人暮らしはどのくらい?相場は?計算方法は?
UNIQLOジャケットは着こなしやすい?サイズ選びは?自宅で洗濯可能?
インナードライとは皮脂が過剰に分泌する肌?診断って?改善方法は?

Menu

HOME

TOP