ワールドカップジャンプ女子 ニジニ・タギル 高梨沙羅の第3戦と第4戦

20161108-01

ワールドカップジャンプ女子の2016-2017シーズン、完全総合優勝を目指す高梨沙羅、リレハンメルの開幕戦2連勝で幸先よいスタートを切りました。

次なる第3戦、第4戦は12月10日~11日の2日間、ロシアのニジニ・タギルで開催されます。

ここでは、ニジニ・タギル大会の日程、見どころ、速報、結果について紹介していきます。

スポンサードリンク

ワールドカップジャンプ女子 2016ニジニ・タギル大会の日程は?

2016-2017シーズン ワールドカップジャンプ女子のスケジュールは以下の通りで、ニジニ・タギル大会は12月10日(土)~12月3日(日)の2連戦となります。

2016.12.02 個人第1戦 リレハンメル (ノルウェー) HS100/K90 ~ 高梨沙羅が優勝
2016.12.03 個人第2戦 リレハンメル (ノルウェー) HS100/K90 ~ 高梨沙羅が優勝
2016.12.10 個人第3戦 ニジニ・タギル (ロシア) HS97/K90
2016.12.11 個人第4戦 ニジニ・タギル (ロシア) HS97/K90
2017.01.07 個人第5戦 オーベルシュトドルフ (ドイツ) HS137/K120
2017.01.08 個人第6戦 オーベルシュトドルフ (ドイツ) HS137/K120
2017.01.14 個人第7戦 札幌/宮の森 (日本) HS100/K90
2017.01.15 個人第8戦 札幌/宮の森 (日本) HS100/K90
2017.01.20 個人第9戦 蔵王/クラレ蔵王シャンツエ (日本) HS106/K95
2017.01.21 個人第10戦 蔵王/クラレ蔵王シャンツエ (日本) HS106/K95
2017.01.28 個人第11戦 ラスノフ (ルーマニア) HS100/K90
2017.01.29 個人第12戦 ラスノフ (ルーマニア) HS100/K90
2016.02.04 個人第13戦 ヒンツェンバッハ (オーストリア) HS94/K85
2016.02.05 個人第14戦 ヒンツェンバッハ (オーストリア) HS94/K85
2017.02.11 個人第15戦 リュブノ (スロベニア) HS95/K85
2017.02.12 個人第16戦 リュブノ (スロベニア) HS95/K85
2017.02.15 個人第17戦 平昌郡 (韓国) HS109/K98
2017.02.16 個人第18戦 平昌郡 (韓国) HS109/K98
2017.02.24 世界選手権個人 ラハティ (フィンランド) HS100/K90
2017.02.26 世界選手権団体 ラハティ (フィンランド) HS100/K90
2016.03.11 個人第19戦 オスロ (ノルウェー) HS134/K120

HS:ヒルサイズ~ジャンプ台の大きさ。これ以上飛んだら危険というライン。
K:K点。一流選手であれば飛べるレベルの標準ライン。

ワールドカップジャンプ女子 2016ニジニ・タギル大会の見どころは?

ロシアのニジニ・タギルのジャンプ台Tramplin Storkはヒルサイズ97m、K点90mのノーマルヒルの大会となります。

昨年、2015年のニジニ・タギル大会は12月12日~13日の2連戦でした。

12日の第2戦の結果は

第1位 242.6P ダニエラ・イラシュコ=シュトルツ(オーストリア) 92.5m/97.0m
第2位 238.6P 高梨沙羅(日本) 95.0m/90.0m
第3位 227.8P エヴァ・ピンケルニッヒ(オーストリア) 89.5m/96.5m

第5位 224.7P 伊藤有希(日本) 93.0m/87.5m
第22位 203.1P 岩渕香里(日本) 89.0m/87.5m
第28位 185.6P 勢藤優花(日本) 87.0m/77.0m

で、ダニエラ・イラシュコ=シュトルツが優勝。

13日の第3戦の結果は

第1位 257.1P 高梨沙羅(日本) 98.0m/99.0m
第2位 233.1P 伊藤有希(日本) 92.0m/91.5m
第3位 232.4P キアラ・ヘルツル(オーストリア) 90.0m/95.0m

第24位 199.7P 勢藤優花(日本) 89.0m/84.5m
第31位 93.2P 岩渕香里(日本) 86.5m/2回目進めず

で、高梨沙羅がヒルレコードを更新して優勝しました。


スポンサードリンク

今シーズンはズバリ、高梨沙羅選手の2連勝、通算4勝目に期待が高まります。

状況によっての踏切の調整が素晴らしく、浮力がより増して大ジャンプでもテレマークが入るようになり、飛型点が向上しました。

優勝争いのライバルは、1昨年のW杯女王のダニエラ・イラシコ シュトルツ(オーストラリア)、昨年のリュブノで優勝したマヤ・ブティッチ(スロベニア)、一発のあるマレン・ルンドビー(ノルウェー)、大ジャンプを連発するようになった19歳のキアラ・ヘルツル(オーストリア)です。

そして、大怪我から復活、調子を上げてきているサラ・ヘンドリクソン(アメリカ)。

さらに、ソチオリンピックの金メダリスト、カリーナ・フォークト(ドイツ)です。

日本人選手では、昨季のワールドカップでは総合8位に終わりましたが、レジェンド葛西紀明選手のもとで進化を続ける伊藤有希選手。

今季は最高の出だし、リレハンメルの開幕2連戦で2日続けて2位に入りました。

そして、高梨沙羅選手と幼馴染みで同い年の勢藤優花選手、リレハンメルでは条件に恵まれませんでしたが、確実にレベルアップしており、ワールドカップでの表彰台も期待できる位置まできています。

岩渕香里選手はとにかく一発が魅力です。

着地に課題があり飛型点は低いですが、遠くへ飛ぶ力は目を見張るものがあります。

何が起きるか分からないのがスキージャンプの醍醐味、このニジニ・タギル2連戦で、高梨沙羅選手は連勝を伸ばすことができるでしょうか?

ニジニ・タギル第3戦 12月10日の結果速報

12月9日(金)18:00 公式トレーニング開始

公式トレーニングの結果は

高梨沙羅(日本):88.0m/85.5m/97.5m
マレン・ルンドビー(ノルウェー):89.0m/97.0m/95.0m
カタリナ・アルトハウス(ドイツ):86.0m/94.5m/93.5m
イリーナ・アブバクモワ(ロシア):81.0m/90.0m/92.5m
エマ・クリネツ(スロベニア):89.5m/93.5m/92.0m
伊藤有希(日本):86.m/87.0m/90.0m
カリーナ・フォークト(ドイツ):85.0m/92.5m/86.5m
ニカ・クリズナー(スロベニア):90.0m/79.5m/85.0m
キアラ・ヘルツル(オーストリア):86.0m/86.0m/81.0m
勢藤優花(日本):83.5m/89.0m/80.0m
岩渕香里(日本):82.5m/81.5m/79.0m
サラ・ヘンドリクソン(アメリカ):80.5m/94.0m
マヤ・ブティッチ(スロベニア):83.5m/88.0m
ダニエラ・イラシコ シュトルツ(オーストラリア):91.0m/92.0m
ジャクリーン・ザイフリーツベルガー(オーストリア):91.0m/90.0m

サラ・ヘンドリクソン(アメリカ)が2回目に94.0m、復活してきましたね。

16歳のニカ・クリズナー(スロベニア)が1回目に90.0m、期待の若手のホープでどこまで伸びるか楽しみです。

19歳のキアラ・ヘルツル(オーストリア)の調子が今一つ、ちょっと心配です。

ダニエラ・イラシコ シュトルツ、ジャクリーン・ザイフリーツベルガーのオーストラリア勢はやはり手強い存在です。

12月9日(金)20:00 予選開始

⇒12月10日(土)19:30 に変更となりました。

15番ゲートからスタートです。

15歳~17歳の若手選手が続々と飛んでいます。

16歳の注目の若手、ニカ・クリズナー(スロベニア)が83.0mで予選通過です。

勢藤優花は31番目、岩渕香里は36番目です。

勢藤優花は90.5mで現在2位、予選通過です。

キアラ・ヘルツル(オーストリア)が87.0m、飛型点が高く現在トップ!

岩渕香里、73.0mと失速で予選通過は難しい状況。

マレン・ルンドビー(ノルウェー)が87.5mで現在トップ!

総合ランクトップ10は予選免除なので、トライアルとなります。

ジャクリーン・ザイフリーツベルガー(オーストリア)が97.0mでトップ。

伊藤有希(日本)が95.0mで2位。

高梨沙羅(日本)はゲートを1段下げての14番ゲートで91.0mでした。

12月10日(土)19:00 1本目開始

⇒12月10日(土)21:00 に変更となりました。

【1本目】

1本目スタートしました。

15番ゲートからスタートです。

勢藤優花が31番目、伊藤有希が55番目、高梨沙羅がラストの56番目です。

注目の16歳、ニカ・クリズナー(スロベニア)が82.5mで現在トップです。

勢藤優花は88.0mで現在2位です。

いよいよ、総合ランクトップ10が飛びます。

マレン・ルンドビー(ノルウェー)が91.5mで、現在2位。

エマ・クリネツ(スロベニア)が93.05mで、現在3位。

ダニエラ・イラシュコ=シュトルツ(オーストリア)が96.0mでトップに。

伊藤有希(日本)が87.5mで2位。

高梨沙羅(日本)がヒルサイズを超える102.0mの超特大ジャンプ、さすがにテレマークが入らず飛型点は低いですが、ヒルレコードを3.0m更新でトップに♪

【2本目】

2本目スタートしました。

15番ゲートからのスタートです。

マヤ・ブティッチ(スロベニア)が88.0mでトップに立ちましたが、優勝候補がこの位置にいるのは信じられません。

サラ・ヘンドリクソン(アメリカ)、1回目と同じく89.0mでトップに。

キアラ・ヘルツル(オーストリア)は84.0mと失速ジャンプ、どうなっちゃったんだろう?

勢藤優花が84.5mでトップに。

2本目の環境は厳しいようです。

マレン・ルンドビー(ノルウェー)が95.5mでトップに。

本当に悪条件の中、トップ選手が失速しています。

伊藤有希(日本)が88.0mで現在2位。

それでもダニエラ・イラシコ シュトルツ(オーストラリア)が92.0mで現在2位に。

高梨沙羅、86.0mで3位。

この難しい条件下では仕方ないかもしれません。

第1位 229.6 P マレン・ルンドビー(ノルウェー) 91.5m/95.55m
第2位 224.1P ダニエラ・イラシコ シュトルツ(オーストラリア)96.0m/92.0m
第3位 250.7P 高梨沙羅(日本) 102.0m/86.0m
第4位 214.2P 伊藤有希(日本) 87.5m/88.0m

第10位 200.4P 勢藤優花(日本) 88.0m/84.5m

ニジニ・タギル第4戦 12月11日の結果速報

12月11日(日)17:00 予選開始

12月11日(日)18:00 1本目開始

第1位 250.7P 高梨沙羅(日本) 92.5m/98.5m
第2位 244.1P ダニエラ・イラシコ シュトルツ(オーストラリア)95.5m/94.5m
第3位 237.0P ジャクリーン・ザイフリーツベルガー(オーストリア) 93.5m/93.5m

第8位 222.0P 伊藤有希(日本) 85.0m/91.0m
第12位 212.1P 勢藤優花(日本) 90.0m/91.5m
第28位 93.2P 岩渕香里(日本) 85.0m/73.5m

高梨沙羅、1本目4位からの大逆転優勝です♪

スポンサードリンク

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




関連記事

北海道新幹線 札幌から東京までの料金が高い?割引にする方法は?
男子卓球グランドファイナル2016 試合日程と結果速報
さっぽろホワイトイルミネーション2016の見どころは?駐車場は?
ワールドカップジャンプ女子2017ラスノフ 高梨沙羅の第11戦と第12戦
カルティエのラブブレスの意味合いとは?フルダイヤ?ハーフダイヤ?
イオンのクレジットカードのポイントは?作り方、審査は?住所変更は?
甘酒を米麹で作るレシピは?最も簡単な作り方とは??カロリーは?
世界フィギュアスケート選手権2017 羽生結弦の順位と得点
大相撲 1月場所 2016のチケットは?優勝力士の予想は?新番付は?
ラオックス卓球ジャパンオープン荻村杯2016女子 試合予定と結果速報
楽天ジャパンオープン2016 錦織圭の試合予定と対戦予想
姫路城の桜 2016年開花と満開予想?見頃は?ライトアップの時期は?
MLB 田中将大投手の2016年 登板予定と成績および結果速報
合格のお祝いの言葉とは?お祝い金の相場は?添える手紙の書き方は?
ワールドカップジャンプ女子2017ヒンツェンバッハ 第13戦と第14戦

Menu

HOME

TOP