ジャンプ女子ワールドカップ リレハンメル2017 高梨沙羅の開幕戦

20161111-1

ジャンプ女子ワールドカップの2017-2018シーズンがいよいよ開幕、2018年平昌オリンピック(ピョンチャンオリンピック)で金メダル獲得を目指す高梨沙羅が開幕戦を含むリレハンメル3連戦(12月1日~12月3日)に登場します。

ここでは、ノルウェーのリレハンメル大会の日程、見どころ、速報、結果について紹介していきます。

スポンサードリンク

ジャンプ女子ワールドカップ 2017リレハンメル大会の日程は?

2017-2018シーズン ジャンプ女子ワールドカップのスケジュールは以下の通りで、リレハンメル大会は12月1日(金)~12月3日(日)の開幕3連戦となります。

2017.12.01 個人第1戦 リレハンメル (ノルウェー) HS98/K90
2017.12.02 個人第2戦 リレハンメル (ノルウェー) HS98/K90
2017.12.03 個人第3戦 リレハンメル (ノルウェー) HS140/K120 ※Top 30
2017.12.16 団体戦 ヒンターツァルテン(ドイツ) HS108/K90
2017.12.17 個人第4戦 ヒンターツァルテン(ドイツ) HS108/K90
2018.01.06 個人第5戦 ラスノフ (ルーマニア) HS97/K90
2018.01.07 個人第6戦 ラスノフ (ルーマニア) HS97/K90
2018.01.13 個人第7戦 札幌/宮の森 (日本) HS100/K90
2018.01.14 個人第8戦 札幌/宮の森 (日本) HS100/K90
2018.01.19 個人第9戦 蔵王/クラレ蔵王シャンツエ (日本) HS102/K95
2018.01.20 団体戦 蔵王/クラレ蔵王シャンツエ (日本) HS102/K95
2018.01.21 個人第10戦 蔵王/クラレ蔵王シャンツエ (日本) HS102/K95
2018.01.27 個人第11戦 リュブノ (スロベニア) HS94/K85
2018.01.28 個人第12戦 リュブノ (スロベニア) HS94/K85
2018.02.03 個人第13戦 ヒンツェンバッハ (オーストリア) HS94/K85
2018.02.04 個人第14戦 ヒンツェンバッハ (オーストリア) HS94/K85
2018.02.12 オリンピック 平昌郡 (韓国) HS109/K98
2018.03.11 個人第15戦 オスロ (ノルウェー) HS134/K120 ※Top 30
2018.03.24 個人第16戦 オーベルストドルフ (ドイツ) HS106/K95
2018.03.25 個人第17戦 オーベルストドルフ (ドイツ) HS106/K95

HS:ヒルサイズ~ジャンプ台の大きさ。これ以上飛んだら危険というライン。
K:K点。一流選手であれば飛べるレベルの標準ライン。

ジャンプ女子ワールドカップ 2017リレハンメル大会の見どころは?

サマーグランプリで6年連続総合優勝を果たした高梨沙羅選手、今度は冬季ワールドカップジャンプで3年連続総合優勝に挑戦します。

第1戦、第2戦の舞台となるノルウェーのリレハンメルのジャンプ台Lysgardsbakkenはヒルサイズ98m、K点90mのノーマルヒルの大会となります。

第3戦はヒルサイズ140m、K点120mのラージヒルの大会となります。

20161111-2

昨年、2016年のリレハンメル大会は12月1日~12月2日の開幕2連戦でした。

第1戦の結果は

第2戦の結果は

と2戦とも高梨沙羅が優勝、伊藤有希が2位でした。


スポンサードリンク

しかしながら、昨季から伊藤有希が進化してワールドカップ札幌大会で初優勝、今年の国内のサマージャンプ大会ではほぼ互角、高梨沙羅を脅かす存在となりました。

この2人に昨年ブレイクしたマーレン・ルンビュ(ノルウェー)、若手実力者の16歳、ルシール・モラット(フランス)、安定感抜群、イリーナ・アブバクモワ(ロシア)らの総合優勝争いとなりそうです。

また、ライバルと見られている世界選手権、オリンピックにやたらと強いカリーナ・フォークト(ドイツ)は膝の故障のため、サマーグランプリを欠場、現在の回復状況が気になりますが、替わりに最近力を付けてきたカタリナ・アルトハウス(ドイツ)、ウルト・スベニア(ドイツ)も手強い存在です。

さらに、昨季上位に付けていたジャクリーン・ザイフリーツベルガー(オーストリア)、エマ・クリネツ(スロベニア)、経験豊富なダニエラ・イラシュコ=シュトルツ(オーストリア)も優勝の可能性があります。

何が起きるか分からないのがスキージャンプの醍醐味、このリレハンメル開幕3連戦で、高梨沙羅選手は3連勝のスタートを切ることができるでしょうか?

リレハンメル開幕第1戦 12月1日の結果速報

競技日時は日本時間の

12月1日(金)3:00 公式トレーニング
12月1日(金)5:00 予選
12月1日(金)23:00 トライアル
12月2日(土)0:00 本戦1本目

です。

尚、TV放映の予定は

12月1日(金) NHKBS1:23:55-午前2:00 ライブ
12月2日(土)NHKBS1:午前9:00-午前10:50 録画

です。

【公式トレーニング】

各選手2本飛んだ中で、高梨沙羅が1本目にただ一人100m越えの101.5mをマーク。

2本目は92.0mでしたが、安定したジャンプでした。

伊藤有希は1本目は94.5mでしたが、2本目は88.5mとやや失速。

マーレン・ルンビュ(ノルウェー)が97.0m、95.5mと2本揃え、好調さをアピール。

膝の故障でサマーグランプリを欠場したカリーナ・フォークト(ドイツ)は92.5m、95.5mと完全復活した様子。

勢藤優花は88.0m、89.0mとまずまずのジャンプ。

岩渕香里は84.5m、84.0mと今一歩の調子。

【予選】

12月1日(金)午前4:30 予選  ※日本時間

11番ゲートからスタート。

各選手、追い風に悩ませられ飛距離が伸びない中で、マーレン・ルンビュ(ノルウェー)が1位で通過。

高梨沙羅が2位、伊藤有希が3位で通過。

伊藤有希が飛んだ時が最大の追い風0.74m/sで、ウインドファクター+7.2ポイントをゲットしたものの飛距離は伸びませんでした。

続いて、カリーナ・フォークト、ウルト・スベニアのドイツ勢。

そして、16歳のルシール・モラット(フランス)、17歳のララ・マシナー(イタリア)、ジニーナ・エルンスト(ドイツ)と若い世代が力を付けてきました。

勢藤優花は16位で通過、岩渕香里が25位で通過。

サラ・ヘンドリクソン(アメリカ)は予選落ちです。

第1位:126.1P マーレン・ルンビュ(ノルウェー)93.5m
第2位:123.5P 高梨沙羅(日本)92.5m
第3位:117.7P 伊藤有希(日本)89.5m
第4位:115.8P カリーナ・フォークト(ドイツ)89.5m
第5位:115.1P ウルト・スベニア(ドイツ)89.5m
第6位:114.5P ルシール・モラット(フランス)89.5m
第7位:114.1P ララ・マシナー(イタリア)89.5m
第8位:112.6P ジニーナ・エルンスト(ドイツ)90.5m

第16位:105.2P 勢藤優花(日本)89.5m
第25位:97.5P 岩渕香里(日本)84.0m

【本戦1本目】

12月2日(土)午前0:00~ ※日本時間

11番ゲートからスタート。

各選手が追い風で苦しむ中、一番強い追い風で飛距離を伸ばしたカタリナ・アルトハウス(ドイツ)が1位、トライアルでダントツの97.5mを飛んだマーレン・ルンビュ(ノルウェー)が96.0mの最長不倒で2位。

故障から復帰のカリーナ・フォークト(ドイツ)が3位。

高梨沙羅は4位、伊藤有希は5位に付けました。

第1位:132.8P カタリナ・アルトハウス(ドイツ)94.0m
第2位:132.0P マーレン・ルンビュ(ノルウェー)96.0m
第3位:127.1P カリーナ・フォークト(ドイツ)92.0m
第4位:124.9P 高梨沙羅(日本)93.0m
第5位:124.3P 伊藤有希(日本)93.5m
第6位:114.3P イリーナ・アブバクモワ(ロシア)85.5m

第9位:111.5P 岩渕香里(日本)90.0m

第12位:109.1P 勢藤優花(日本)84.5m

※16歳の新鋭、ルシール・モラット(フランス)は失格。

【本戦2本目】

12月2日(土)午前0:55~ ※日本時間

12番ゲートからスタート。

勢藤優花は88.0mで暫定5位。

ゲートが11番に下がりました。

優勝 :271.5P マーレン・ルンビュ(ノルウェー)96.0m/96.0m
第2位:262.2P カタリナ・アルトハウス(ドイツ)94.0m/93.0m
第3位:252.2P カリーナ・フォークト(ドイツ)92.0m/88.5m
第4位:252.0P 高梨沙羅(日本)93.0m/89.0m
第5位:246.1P 伊藤有希(日本)93.5m/87.5m
第6位:234.6P ウルト・スベニア(ドイツ)85.0m/90.0m

第15位:221.2P 勢藤優花(日本)84.5m/88.0m

第16位:220.1P 岩渕香里(日本)90.0m/84.0m

公式トレーニング、予選、トライアルを通してみてもマーレン・ルンビュ(ノルウェー)が頭一つリードしているようです。

続いて、昨年自身を付けた21歳のカタリナ・アルトハウス(ドイツ)と実績のあるカリーナ・フォークト(ドイツ)のドイツ勢と高梨沙羅(日本)と伊藤有希(日本)の日本勢が2番手争いか。

いずれにしても、日本勢は1本目と同じ条件のはずの2本目で失速した原因を追究し、修正してくるはずですので2戦目以降に期待しましょう。、

リレハンメル第2戦 12月2日の結果速報

競技日時は日本時間の

12月3日(日)午前0:00 予選
12月3日(日)午前1:15 本戦1本目

です。

尚、TV放映の予定は

12月3日(日)NHKBS1:午前1:10-午前3:00 ライブ
12月4日(月)NHKBS1:午前9:00-午前10:50 録画

です。

優勝 :271.7P カタリナ・アルトハウス(ドイツ)98.5m/93.0m
第2位:267.3P マーレン・ルンビュ(ノルウェー)98.5m/92.5m
第3位:249.2P 伊藤有希(日本)95.0m/88.0m
第4位:248.2P 高梨沙羅(日本)94.5m/87.0m
第5位:235.1P ウルト・スベニア(ドイツ)97.0m/84.0m
第6位:234.6P イリーナ・アブバクモワ(ロシア)93.5m/84.0m

第13位:218.2P 勢藤優花(日本)91.5m/83.0m

第19位:208.7P 岩渕香里(日本)86.0m/83.0m

リレハンメル第3戦 12月3日の結果速報

競技日時は日本時間の

12月3日(日)午前4:00 公式トレーニング
12月3日(日)18:00 トライアル
12月3日(日)18:45 本戦1本目

です。

※ランキング上位30名のみのため予選はなし。

尚、TV放映の予定は

12月3日(日)NHKBS1サブチャネル:18:40-19:00 ライブ
12月3日(日)NHKBS1:19:00-20:30 ライブ
12月5日(火)NHKBS1:午前9:00-午前10:50 録画

です。

優勝 :308.2P カタリナ・アルトハウス(ドイツ)138.5m/139.5m
第2位:284.3P マーレン・ルンビュ(ノルウェー)139.0m/137.0m
第3位:275.8P 高梨沙羅(日本)137.0m/136.0m
第4位:250.7P イリーナ・アブバクモワ(ロシア)128.5m/125.0m
第5位:249.4P 伊藤有希(日本)122.5m/127.5m
第6位:246.7P カリーナ・フォークト(ドイツ)137.0m/124.5m

第19位:195.1P 勢藤優花(日本)117.5m/109.5m

第26位:166.1P 岩渕香里(日本)99.5m/115.5m

スポンサードリンク

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




関連記事

スキージャンプ女子 サマーグランプリ2017 高梨沙羅の日程と結果
全日本スキー選手権ラージヒル 兼 第59回NHK杯 高梨沙羅 日程と結果
ジャンプワールドカップ男子 2016ティティゼー=ノイシュタット 葛西紀明の結果速報
世界フィギュアスケート選手権2016 羽生結弦の結果速報 順位と得点
卓球中国オープン2017男子ドロー 張本智和/丹羽孝希が中国に挑む
リオオリンピック男子卓球団体 水谷隼の銅メダルパワーで中国に勝つ?
ムチュア・マドリード・オープン2016 錦織圭の試合予定と結果速報
宮様スキー大会国際競技会ジャンプ 高梨沙羅 日程と結果速報
世界フィギュアスケート選手権2017 羽生結弦の順位と得点
大谷翔平のホームランは?先発登坂予定は? 2017年の試合予定と結果
ATPワールドツアー・ファイナルズ2016 錦織圭の試合予定と結果
第58回NHK杯ジャンプ大会(大倉山) 高梨沙羅 日程と結果速報
卓球中国オープン2017女子ドロー 平野美宇の試合日程と結果速報
ワールドカップジャンプ女子2017オーベルストドルフ 高梨沙羅 第5戦 第6戦
ワールドカップジャンプ女子 ニジニ・タギル 高梨沙羅の第3戦と第4戦

Menu

HOME

TOP