スケートカナダ2017 本田真凜 GPシニアデビュー戦の得点と順位

2017年シニアデビュー戦でいきなり優勝した本田真凜が今度はGPシリーズのスケートカナダ2017に挑みます。

210点台後半を叩きだすロシア、カナダ勢にどこまで迫り、表彰台に上がれるか注目です。

平昌オリンピック出場を目指して、本田真凜の試金石となるスケートカナダ2017の日程、見どころ、結果をお知らせします。

スポンサードリンク

スケートカナダ2017の日程は?

スケートカナダ2017はカナダのレジャイナのブラント・センターで開催されます。

女子SP:10/28(土)3:57~ ※日本時間

女子FS:10/29(日)2:04~ ※日本時間

テレビはテレビ朝日系列で録画放映されます。

女子SP:10/28(土)12:00~13:57

女子FS:10/29(日)10:00~11:50

スケートカナダ2017の見どころは?

本田真凜はとても魅惑的なスケーター、その魔性のような演技力は天性のものとしか言いようのない、見るものを引き込む力があります。

一般のジュニアは技術力を高めるところから入って、シニアになってから表現力を高める経過を辿るのですが、本田真凜はすでに表現力が高く、これから技術力に磨きをかけようとしています。

華のあるスケーターとして浅田真央の後継者と言われていますが、2017-2018シーズンは平昌オリンピック出場を目指してシニアデビューは果たしました。

そのデビュー戦となった2017年9月のISUチャレンジャーシリーズ USインターナショナルクラシックでは、なんといきなり優勝しました。

SP

FS

今度はGPシリーズに挑みます。

本田真凜の自己ベストは2017年3月の世界ジュニアフィギュアスケート選手権での201.61、現時点では本田真凜が210点台後半を叩きだすであろうロシア、カナダ勢に勝つのは難しいかもしれませんが、どこまで迫れるか注目です。

経験を積んで、12月の全日本選手権では210点台後半へ引き上げ、平昌オリンピック2枠の一つを勝ち取って欲しいですね。


スポンサードリンク

本田真凜のライバルは?

過去の実績からいって完全にカナダ、ロシア勢が難敵です。

ケイトリン・オズモンド(カナダ)

この1年の実績からいって、21歳、地元カナダのケイトリン・オズモンドが優勝候補の筆頭です。

2017年1月のカナダフィギュアスケート選手権では219.66を叩きだして優勝、2017年3月の世界フィギュアスケート選手権では218.13で2位に入りました。

2017年9月のISUチャレンジャーシリーズ オータムクラシックでも217.55で優勝しており、このところの安定感は抜群、失敗しない限り、210点台後半は確実と思われます。

アンナ・ポゴリラヤ(ロシア)

19歳のアンナ・ポゴリラヤは2016-2017シーズンでグランプリシリーズで連勝し、グランプリファイナルでは216.47を叩きだして3位に入りました。

2017年1月のヨーロッパフィギュアスケート選手権では211.39で2位、2017年3月の世界フィギュアスケート選手権では失速しましたが、210点台を狙える実力者です。

失敗さえしなければ、表彰台候補です。

マリア・ソツコワ(ロシア)

19歳のマリア・ソツコワは2016年12月のロシアフィギュアスケート選手権で219.90を叩きだし、3位に入りました。

2017年3月の世界フィギュアスケート選手権では192.20で8位に終わりましたが、2017年10月のISUチャレンジャーシリーズフィンランディア杯では205.30で優勝しました。

完璧な演技が出来れば、優勝の可能性もあります。

アレーヌ・シャルトラン(カナダ)

21歳のアレーヌ・シャルトランは2016年1月のカナダフィギュアスケート選手権で201.99を叩きだして優勝しましたが、その後は低迷しています。

地元カナダの大会ということで、一発奮起、上位進出を狙います。

カレン・チェン(アメリカ)

18歳のカレン・チェンは2017年1月の全米フィギュアスケート選手権でいきなり、214.22を叩きだし優勝しました。

しかしながら、その後は2017年3月の世界フィギュアスケート選手権で199.29、4位に入ったのが最高で、200点台に遠く及ばす、低迷しています。

この大会で復活なるかどうか注目です。

アシュリー・ワグナー(アメリカ)

26歳、ベテランとなったアシュリー・ワグナーは今も健在、2017年1月の全米フィギュアスケート選手権では211.78で2位に入っています。

この大会でも、表彰台を狙っていることでしょう。

スケートカナダ2017の結果は?

女子SPの得点と順位

1位:76.06P ケイトリン・オズモンド(カナダ)
2位:69.05P アンナ・ポゴリラヤ(ロシア)
3位:66.10P マリア・ソツコワ(ロシア)

6位:61.60P 本郷理華(日本)

10位:52.60P 本田真凜(日本)

女子SP+FSの得点と順位

1位:212.91P ケイトリン・オズモンド(カナダ)
2位:192.52P マリア・ソツコワ(ロシア)
3位:182.57P コートニー・ヒックス(アメリカ)

5位:178.24P 本田真凜(日本)

6位:176.34P 本郷理華(日本)

スポンサードリンク

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




関連記事

センター試験の対策 英語では?数学では?問題集でおすすめなのは?
スキージャンプ女子 サマーグランプリ2017 高梨沙羅の日程と結果
卓球中国オープン2017女子ドロー 平野美宇の試合日程と結果速報
全豪オープンテニス2017のドローと錦織圭の日程及び放送予定
冬季アジア大会フィギュア女子 本郷理華と坂本花織の得点と順位は?
綾瀬はるか、第66回NHK紅白歌合戦司会決定、天然キャラは本物?血液型は?
結婚式の祝電のマナー 選ぶ言葉は?オモシロネタは?ぬいぐるみは?
ワールドカップジャンプ女子2017ヒンツェンバッハ 第13戦と第14戦
層雲峡 氷瀑まつりへのアクセスは?ライトアップ 花火の時間は?
FISジャンプ ワールドカップ 2016札幌大会 葛西紀明の結果速報は?
綾雛山まつり メイン会場へのアクセスは?駐車場は?開催期間は?
ワールドカップジャンプ男子 2016-2017 葛西紀明の総合ランクと日程
女子卓球グランドファイナル2016 試合日程と結果速報
ATPワールドツアー・ファイナルズ2016 錦織圭の試合予定と結果
クリスマスプレゼント 女の子に人気なのは?小学生には?アマゾンは?

Menu

HOME

TOP