ワールドカップジャンプ女子 2017-2018 高梨沙羅 日程と結果速報

ワールドカップジャンプ女子2017-2018シーズンは高梨沙羅選手が平昌オリンピックの金メダルに挑戦します。

ソチオリンピック、世界選手権で悔しい思いをした高梨沙羅選手のさらなる飛躍に期待したいですね。

ここでは2017-2018シーズンのW杯、高梨沙羅の個人総合ランキングと日程及び結果速報についてお知らせします。

スポンサードリンク

ワールドカップジャンプ女子 2017-2018の見どころは?

2016-2017シーズン、高梨沙羅選手は総合優勝こそ飾りましたが、思うような踏み切りができず、失敗ジャンプが多いままに終わりました。

素早く体を前に投げ出し、そのまま一直線に飛行曲線を描いていたジャンプから、より飛距離を伸ばすために、強い踏み切りを意識した結果、ジャンプのタイミングがピンポイントとなり、失敗する確率が上がってしまった感がします。

伊藤有希選手の台頭も焦りを誘い、ジャンプに狂いが生じたのも一因でしょう。

飛行時の姿勢が立ち気味、くの字になり気味だったのは追い風をカバーすることが多かったからでしょうか。

高梨沙羅選手が飛ぶときになるとなぜか横風、追い風が強くなるという不運な面が多くあったのも確かですが、浮力を得るために丸みを持たせたのかもしれません。

上方へ強くジャンプする意識が強すぎたような気もします。

でも、前方へ強く踏み切れるようになれば、圧倒的に飛距離を伸ばすことが可能になるように思います。

2017-2018シーズンはいよいよ平昌オリンピック開催年となります。

2017-2018シーズンも高梨沙羅選手は総合優勝を狙いますが、平昌オリンピックの金メダルを最終目標にジャンプを修正し、より精度の高い踏み切りが出来るよう調整してくることでしょう。

各国の選手も高梨沙羅に追いつき追い越せを目標に確実にレベルアップを図ってきています。

2015-2016シーズンに対して2016-2017シーズンは各大会のスタートゲートが平均2~3段下がってきています。

それだけ女子のジャンプがレベルアップしてきているということですが、2017-2018シーズンはさらにスタートゲートが下がり、より低速ジャンプで飛距離を伸ばせる選手が上位にくることが予想されます。

高梨沙羅選手、伊藤有希選手も公式練習やトライアルでは他の選手よりもゲートを2~3段下げていましたね。

既に低速ジャンプ時代到来を予想していたものと思います。

高梨沙羅の2017-2018シーズンの最大のライバルはズバリ、伊藤有希(日本)、カリーナ・フォークト(ドイツ)、マレン・ルンドビー(ノルウェー)です。

特にカリーナ・フォークト(ドイツ)はソチオリンピックの金メダルに続いて、世界選手権でも2大会連続の金メダルとここぞという大舞台で圧倒的な強さを誇ります。

そして、高梨沙羅と同世代のキアラ・ヘルツル(オーストリア)、エマ・クリネツ(スロベニア)も手強いライバルとなりそうです。

スロベニアで15歳でワールドカップデビューしたニカ・クリズナー選手もこのところの急成長で、一気に飛躍する可能性もあります。

また、フランス、イタリアの選手も脅威的に飛距離を伸ばす選手も台頭してきており、ダークホースとなるかもしれません。

風との戦いでもあるジャンプ競技は、運不運に左右されますが、それだけに何が起るかわからない、それが楽しみな競技でもあります。

昨シーズンのワールドカップジャンプ女子 2016-2017の総合ランキングは?

高梨沙羅が2016-2017の総合優勝♪

総合ランキングは次の通り。

第1位 1455P 高梨沙羅(日本)
第2位 1208P 伊藤有希(日本)
第3位 1109P マレン・ルンドビー(ノルウェー)
第4位 776P カタリナ・アルトハウス(ドイツ)
第5位 723P カリーナ・フォークト(ドイツ)
第6位 717P ダニエラ・イラシュコ=シュトルツ(オーストリア)
第7位 630P エマ・クリネツ(スロベニア)
第8位 544P ジャクリーン・ザイフリーツベルガー(オーストリア)
第9位 531P イリーナ・アブバクモワ(ロシア)
第10位 497P ウルト・スベニア(ドイツ)
第11位 477P マヤ・ブティッチ(スロベニア)
第12位 406P 勢藤優花(日本)

第18位 268P 岩渕香里(日本)


スポンサードリンク

ワールドカップジャンプ女子 2017-2018 大会日程は?

ワールドカップジャンプ女子 2017-2018 開催日程は以下の通りです。

2017.12.01 個人第1戦 リレハンメル (ノルウェー) HS100/K90
2017.12.02 個人第2戦 リレハンメル (ノルウェー) HS100/K90
2017.12.03 個人第3戦 リレハンメル (ノルウェー) HS100/K90 ※Top 30
2017.12.16 団体戦 ヒンターツァルテン(ドイツ) HS108/K90
2017.12.17 個人第4戦 ヒンターツァルテン(ドイツ) HS108/K90
2018.01.06 個人第5戦 ラスノフ (ルーマニア) HS100/K90
2017.01.07 個人第6戦 ラスノフ (ルーマニア) HS100/K90
2017.01.13 個人第7戦 札幌/宮の森 (日本) HS100/K90
2017.01.14 個人第8戦 札幌/宮の森 (日本) HS100/K90
2017.01.20 個人第9戦 蔵王/クラレ蔵王シャンツエ (日本) HS103/K95
2017.01.21 団体戦 蔵王/クラレ蔵王シャンツエ (日本) HS103/K95
2017.01.27 個人第10戦 リュブノ (スロベニア) HS95/K85
2017.01.28 個人第11戦 リュブノ (スロベニア) HS95/K85
2017.02.03 個人第12戦 ヒンツェンバッハ (オーストリア) HS94/K85
2017.02.04 個人第13戦 ヒンツェンバッハ (オーストリア) HS94/K85
2017.02.12 オリンピック 平昌郡 (韓国) HS109/K98
2017.03.11 個人第14戦 オスロ (ノルウェー) HS134/K120 ※Top 30

HS:ヒルサイズ~ジャンプ台の大きさ。これ以上飛んだら危険というライン。
K:K点。一流選手であれば飛べるレベルの標準ライン。

2017年のサマージャンプにも注目です。

⇒スキージャンプ女子 2017国内大会 高梨沙羅 平昌へ向けての予定

⇒スキージャンプ女子 サマーグランプリ2017 高梨沙羅の日程と結果

ジャンプワールドカップ 女子 リレハンメル個人第1戦 2017.12.01 結果速報

2017.12.2 にお知らせします。

スポンサードリンク

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




関連記事

ワールドカップジャンプ女子2017蔵王 高梨沙羅の第9戦と第10戦
MLB 田中将大投手の2016年 登板予定と成績および結果速報
スキージャンプ女子 サマーグランプリ2017 高梨沙羅の日程と結果
スイス・インドア・バーゼル2016 錦織圭の試合予定と対戦相手予想
宮の森ジャンプ競技場 ワールドカップへのアクセスは?駐車場は?
スキージャンプ女子 2017国内大会 高梨沙羅 平昌へ向けての予定
全日本卓球選手権2017女子トーナメント表 平野美宇の雪辱なるか?
ロジャーズ・カップ2016 錦織圭の試合予定と結果速報
合格のお祝いの言葉とは?お祝い金の相場は?添える手紙の書き方は?
ジャンプワールドカップ女子 アルマトイ 高梨沙羅 第16戦 第17戦の結果速報
伊藤美誠の2016年世界ランクと試合予定及び結果速報
バレンタインデー プレゼントにチョコ以外は?デートは?カードは?
卓球ワールドカップ2016女子 伊藤美誠と平野美宇の試合予定と速報
石川佳純 2016年世界ランキングと試合予定及び結果速報
チェコオープン2016女子 浜本由惟と佐藤瞳の試合予定と結果速報

Menu

HOME

TOP