ジャンプワールドカップ男子 2016ヴィケルスン 葛西紀明選手の結果速報

20160213-01

FISジャンプワールドカップ 男子フライング ヴィケルスン大会が2016年2月12日~2月14日の3日間、ノルウェーで開催されます。

札幌、トロンハイムと連続3位で最年長表彰台記録を更新したレジェンド葛西紀明選手、伊東大貴選手らの活躍に注目です。

ここでは、ヴィケルスン大会の日程、見所、速報、結果について紹介していきます。

スポンサードリンク

FISジャンプ ワールドカップ 男子 2016ヴィケルスン大会の日程は?

2015-2016 FISジャンプワールドカップ 男子の今後の開催予定は以下の通りです。

2016.02.12 個人 FH ヴィケルスン (ノルウェー) HS225
2016.02.13 個人 FH ヴィケルスン (ノルウェー) HS225
2016.02.14 個人 FH ヴィケルスン (ノルウェー) HS225
2016.02.20 個人 LH ラハティ (フィンランド) HS130
2016.02.21 個人 LH ラハティ (フィンランド) HS130
2016.02.23 個人 LH クオピオ (フィンランド) HS127
2016.02.27 個人 LH アルマトイ (カザフスタン) HS140
2016.02.28 個人 LH アルマトイ (カザフスタン) HS140
2016.03.04 個人 LH ヴィスワ (ポーランド) HS134
2016.03.05 個人 LH ヴィスワ (ポーランド) HS134
2016.03.12 個人 LH ティティゼ ノイシュタット (ドイツ) HS142
2016.03.13 個人 LH ティティゼ ノイシュタット (ドイツ) HS142
2016.03.18 個人 FH プラニツァ (スロベニア) HS225
2016.03.19 団体 FH プラニツァ (スロベニア) HS225
2016.03.20 個人 FH プラニツァ (スロベニア) HS225

FH:フライング
LH:ラージヒル
NH:ノーマルヒル
HS:ヒルサイズ~ジャンプ台の大きさ。これ以上飛んだら危険というライン。
K:K点。一流選手であれば飛べるレベルの標準ライン。

FISジャンプ ワールドカップ男子フライング 2016ヴィケルスン大会は2016年2月12日~2月14日の3日間で行われます。

TV放映ですが、残念ながら現在のところ、予定には入っていません。


スポンサードリンク

FISジャンプ ワールドカップ 男子 2016ヴィケルスン大会の見所は?

2015-2016 FISスキージャンプワールドカップ 男子 総合ランクは現在のところ、精密機械と呼ばれる王者P.プレヴツ(スロベニア)が今季8勝を挙げ、総合ランク1位で優勝候補の一番手です。

札幌、トロンハイムと連続3位で表彰台に上がった10位の葛西紀明選手、最近は1本目で大ジャンプ、上位入賞を続けている16位の伊東大貴選手の優勝の期待が高まります。

フライングが得意のレジェンド葛西紀明選手は虎視眈々と最年長優勝記録更新を狙っています。

伊東大貴選手も連続で7位以内の入賞、調子が上がってきており、大ジャンプを2本揃えることができれば、優勝の可能性があります。

ヴィケルスン大会の結果次第では、総合ランクで上位に進出することも可能です。

レジェンド葛西紀明選手には3位以内、伊東大貴選手には10位以内までに入って欲しいですね。

FISスキージャンプワールドカップ 男子フライング ヴィケルスン 02.12 結果速報

2016年2月12日(金)20:00(日本時間 翌4:00)開始予定

43歳のレジェンド葛西紀明選手が、231.5m、230.0mと大ジャンプを2本揃え、トータル418.5ポイントで3位に入りました。

これで3戦連続3位、最年長表彰台記録を更新しました。

これで総合ランクも7位です。

伊東大貴選手は19位に終わりました。

第1位 432.8P K.ロベルト(スロベニア) 236.0m/239.5m
第2位 428.4P G.ケネス(ノルウェー)234.5m/235.0m
第3位 418.5P 葛西紀明(日本)231.5m/230.0m

第19位 311.5P 伊東大貴(日本)188.0m/202.0m

FISスキージャンプワールドカップ 男子フライング ヴィケルスン 02.13 結果速報

2016年2月13日(土)16:00(日本時間 翌0:00) 開始予定

43歳のレジェンド葛西紀明選手が、219.5m、216.0mのジャンプ、トータル421.3ポイントで7位に入りました。

残念ながら、4戦連続4位、最年長表彰台記録はなりませんでした。

伊東大貴選手は13位に終わりました。

第1位 457.6P P.プレヴツ(スロベニア) 238.5m/230.0m
第2位 439.4P F.ヨハン・アンドレ(ノルウェー)229.0m/222.0m
第3位 429.5P K.ロベルト(スロベニア)218.5m/226.5m

第7位 421.3P 葛西紀明(日本)219.5m/216.0m
第13位 366.1P 伊東大貴(日本)209.0m/194.0m

FISスキージャンプワールドカップ 男子フライング ヴィケルスン 02.14 結果速報

2016年2月14日(日)16:00(日本時間 翌0:00)開始予定

スポンサードリンク

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




関連記事

ワールドカップジャンプ女子 ラスノフ 高梨沙羅 第18戦 第19戦の結果速報
本田真凜 2017世界ジュニアフィギュアスケート選手権の得点と順位
フィギュアスケート女子 四大陸選手権2017 樋口新葉の順位は?
錦織圭の試合予定と速報 マイアミオープン2106の決勝の結果は?
ジャンプワールドカップ2017札幌 葛西紀明が優勝すると総合順位は?
浜本由惟 2016年世界ランクと試合予定及び結果速報
卓球オーストラリアオープン2017男子ドロー 張本智和/丹羽孝希は?
ジャンプワールドカップ女子 オーベルシュトドルフ 高梨沙羅の結果?
早田ひな 2016年世界ランキングと試合予定及び結果速報
全仏オープンテニス2017女子のドローと尾﨑里紗の試合日程及び結果
全米オープンテニス2016 錦織圭の試合予定と対戦相手予想及び対戦成績
ワールドカップジャンプ女子 リレハンメル 高梨沙羅の開幕戦と第2戦
全仏オープンテニス2017のドローと錦織圭の試合日程及び放送予定
一心行の大桜 2016年の開花と満開の予想は?ライトアップは?
FISジャンプワールドカップ女子 2016 総合ランク 日程と結果速報

Menu

HOME

TOP