伝染性紅斑は大人になっても感染するの?潜伏期間は?症状と対策は?

a0002_004900

伝染性紅斑とは、通称「りんご病」と呼ばれており、頬(ほっぺた)がリンゴのように赤くなる病気です。

伝染性紅斑は子供特有の疾患のように思われがちですが、大人にも感染します。

面白いのは、伝染性紅斑にかかったときの症状が、大人と子供ではかなり違うと言うことですね。

ここでは大人が伝染性紅斑に感染したときの潜伏期間とその症状、対策について綴っていきます。

スポンサードリンク

伝染性紅斑は大人になっても感染するの?

伝染性紅斑は子供特有の感染症と思われがちですが、大人にも稀にかかります。

大人が伝染性紅斑に感染した場合、子供よりも重い症状が出るようなので注意したいですが、大概は自分の子供から感染するので防ぎようが無いようにも思えます。

子供の場合、通常は熱は出ませせんがが、大人が伝染性紅斑にかかると高熱が出るようです。

また大人の場合、高熱と共に関節痛や筋肉痛、頭痛などの症状が出てしまうようなので、伝染性紅斑といっても侮れません。

さらに気を付けたいのは妊婦の伝染性紅斑です。

妊婦が伝染性紅斑に罹ると、胎児にも胎盤を介して感染してしまい、胎児水腫や心不全になってしまうことが稀にあるそうです。

特に妊娠初期・中期の伝染性紅斑の感染には要注意ですね。

伝染性紅斑が感染した場合の潜伏期間は?

伝染性紅斑の潜伏期間は、症状が出るまでに10日~20日間と言われています。 

スポンサードリンク

現時点で、伝染性紅斑の原因である「ヒトバルボウイルスb19 」に対するワクチンは開発されていませんが、予後は悪くないので心配することはありません。

伝染性紅斑は症状が出る前の一週間ぐらいが、強い感染力があるといわれていますが、この間、症状が出てないので診断や予防が困難です。

そこで鍵を握るのが、伝染性紅斑の潜伏期間中の過ごし方ということになります。

伝染性紅斑が感染した場合の症状と対策は?

大人が伝染性紅斑になると、発熱・頭痛・関節痛・筋肉痛などの重い症状が出てくるようです。

伝染性紅斑をはじめとして、麻疹(はしか)や水疱瘡、溶血性連鎖球菌(溶連菌)感染症や「おたふく風邪」など、子供が罹りやすい感染症は多いです。

伝染性紅斑などの感染症は、子供が学校や幼稚園・保育園に入って集団生活をしている以上、避けては通れません。

なので、できれば早い段階で伝染性紅斑をはじめ、一通りの感染症を経験してしまえば安心ということもできますが、そう簡単に経験できるものでもありません。
 
考えられる対処法としては、妊婦のいるご家庭の子供が通う学校や幼稚園・保育園で伝染性紅斑が流行っていると聞いたら、自分の子供からうつらないようにする事ですね。

そして自分も子供も手洗い、うがいやマスク着用などをして、伝染性紅斑の潜伏期間を過ごすことです。

まとめ

ある日自分の子供が、熱もないのにほっぺたが鮮やかに真っ赤になっていたら伝染性紅斑を疑いましょう。

子供の場合、伝染性紅斑に罹っても熱が出るわけでもなく、ケロリとしているので返って親の方が慌ててしまいます。

伝染性紅斑は目に見える症状が出てきたときには、人には移らないので学校や幼稚園・保育園に普通に行っていいので誤解しないでください。

大切なのは、大人がまず伝染性紅斑に関しての正しい知識を理解することですね。

スポンサードリンク
  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




関連記事

必須アミノ酸の種類とは?構造式は?覚え方としては語呂合わせがよい?
グルコサミンとコンドロイチンの違いとは?効果を比較してみたら?
男性のダイエットにはどんな方法が?食事のレシピは?サプリメントは?
ノロウィルスで一番多い感染経路は?検査するには?予防するには?
立体マスクをハンドメイド、その作り方とは? 型紙は?ガーゼは?
ドライアイの症状?目が痛くなるんですが原因は?改善するには?
白内障を疑う症状って?手術で視力が改善するの?手術の費用は?
しもやけで足の指のかゆみや痛い状態を治すにはどうしたらよいか?
インフルエンザの予防接種 いつから効果が?ピーク時でも間に合う?
インフルエンザの症状を疑う 熱が出ない?微熱のみ?頭痛のみ?
顔のシミを消すにはどういう消し方が?取り方は?レーザー治療は?
もろみ酢の効果とは?ダイエットできるの?サプリはあるの?
五十肩は何が原因なの?治し方としては注射と体操?治療薬はあるの?
高血圧のサプリの成分って?効果はどうなの?口コミについては?
めまいと吐き気の症状は病気?原因はメニエール病?効くツボは?

Menu

HOME

TOP