オルニチンの効果の凄さとは?肝臓に溜まった毒を排出?サプリは?

a0002_008485

オルニチンの効果について、注目してみましょう。

今、とても注目されている成分である「オルニチン」。

まだまだ「オルニチンってどんな成分なの」と疑問を持つ人が多く、この成分が持つすばらしさが十分に伝わっていないことも多い様ですね。

ここで、そんな「オルニチンの働き」について、説明をしてみたいと思います。

オルニチンにどんな効果があるのかを知れば、きっと「自分もオルニチンを摂取したい」と思うこと間違いなしです。

オルニチンの効果の凄さとは?

オルニチンは、シジミやヒラメに多く含まれる成分。

オルニチンの効果には、まず「肝臓にたまった毒」をしっかりと排出することがあります。

だから、オルニチンを摂取することで、アルコールの分解に疲れた肝臓にパワーを送ることができる様になるのですね。

また、オルニチンには新陳代謝を高め、体の筋肉量をアップしてくれる効果もあります。

体の筋肉量が増えるということは、脂肪をどんどん消費できるということなので、オルニチンを摂取することで、美しいボディラインを作ることができるのですね。

ダイエットをしている女性にとっても、オルニチンは非常に大切な効果をもたらすのです。

オルニチンは摂取することでの副作用もありませんので、どんどん摂取していきたいものです。

オルニチンを摂取すると、細胞の分裂もパワーアップするという効果も期待できます。

つまり、オルニチンを摂取することで、お肌が生まれ変わり、綺麗なお肌を維持することができる、とも言われています。

美肌を実現したいという人にも、オルニチンの効果はオススメなのですね。


スポンサードリンク

オルニチンは肝臓に溜まった毒を排出?

オルニチンは、肝臓の働きを助けるアミノ酸の一種で、遊離アミノ酸と呼ばれています。

よく知られる必須アミノ酸とオルニチンの遊離アミノ酸は同じアミノ酸でも違うんですね。

遊離アミノ酸と呼ばれるオルニチンは、体内の細胞や血液中に蓄えられています。

必須アミノ酸のようにタンパク質を構成しているのではなく、オルニチンは、遊離した状態で単独で存在しているので、遊離アミノ酸と呼ばれています。

オルニチンは、食品にも微量含まれていますが、もともと人間の体に備わっている成分です。

ちなみに、食品の中では、お酒を飲む人には馴染み深いしじみにオルニチンは多く含まれています。

オルニチンは、肝臓の働きを保ったり、疲労回復などに効果がある成分です。

肝臓でオルニチンは、有害物質であるアンモニアを解毒、尿素に変えて排出するという重要な役割を担っています。

この働きをオルニチンサイクルや尿素回路などと呼び、アンモニアを代謝する経路で働いています。

アンモニアというのは、体内でタンパク質が分解されてできる有害物質で細胞内のエネルギー生産を妨げてしまいます。

これは疲労にも関係し、オルニチンが体内に不足して肝臓の解毒機能が正常に働いていないと、疲労が溜まってしまうといわれています。

暴飲暴食やストレスなどで肝臓の機能が低下してしまうと、脳に疲労の信号が送られ、疲労感が感じられるんですね。

でも、しっかり休息を取り、オルニチンを摂取することで疲労は回復することができます。

オルニチンを多く含むしじみの味噌汁などは肝機能を高めるため、二日酔いに効果があるとされています。

オルニチンのサプリはあるの?

オルニチンは、二日酔いに効果がある成分としてよく知られて、最近ではサプリメントも多く販売されています。

ダイエットにも効果があるとされていて、二日酔いだけでなくダイエット関係のサプリメントにもオルニチンが含まれていることが多いです。

オルニチンが多く含まれている食品にはしじみがあり、二日酔い防止にしじみのお味噌汁を飲んでいる人も多いのではないかと思います。

どのぐらい含まれているかというと、しじみ100グラムあたりオルニチンは約10から15ミリグラム含まれているんだそうです。

ちなみにしじみ100グラムってどのぐらいの量かというと、しじみが大体35個分なんだそうです。

しじみ35個も食べることってお味噌汁でも大変だと思うのですが、頑張って食べても、摂取できるオルニチンってほんの僅かなんですよね。

そして、推奨されているオルニチンの摂取量は一日に400から1000ミリグラムと言われています。

しじみだけでオルニチンを摂取しようとすると1,400個、約4キロ以上ものしじみを食べる必要があるという計算になります。

食品からだけでは摂取しにくいオルニチンのような成分は、サプリメントから摂取すると効果的ですね。

中にはサプリメント1粒でしじみ1,000個分のオルニチンが含まれているというのもあります。

サプリメントであれば、オルニチンの1日の摂取量が手軽に取れるので便利です。

まとめ

昔の人はオルニチンという成分の名前は知らなかったのでしょうが、しじみが肝臓に効果があるということは分かっていたんですね。

オルニチンを含むのはしじみだけではありませんが、例えば大根が胃の調子を良くするなど、昔の人の知恵や知識というのはすごいですよね。

飲み過ぎなどで肝臓の機能が低下している場合には、しじみやオルニチンを含んだサプリメントなどを摂取するようにしましょう。

オルニチンによって肝臓の機能が回復することで、全身の疲労の回復を早めてくれます。

スポンサードリンク

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




関連記事

チゲ鍋の辛いスープのカロリーは?うどん入れたら?雑炊にしたら?
必須アミノ酸の種類とは?構造式は?覚え方としては語呂合わせがよい?
スギ花粉症の発症時期は?症状を診断するには?特殊な治療方法とは?
めまいと吐き気の症状は病気?原因はメニエール病?効くツボは?
五十肩は何が原因なの?治し方としては注射と体操?治療薬はあるの?
腰痛対策は椅子が重要?クッションも大事?低反発マットレスが人気?
インフルエンザの予防接種 いつから効果が?ピーク時でも間に合う?
お灸が耳鳴りに効くって本当?つぼの正しい位置は?正しいやり方は?
白内障を疑う症状って?手術で視力が改善するの?手術の費用は?
ダイエット用ドリンクの手作りレシピは?比較の基準?プロテインは?
マダニの感染症の種類と症状は?検査する方法は?治療する方法は?
小児喘息の初期症状とは?原因は遺伝以外にも?治療薬だけで治るの?
伝染性紅斑は大人になっても感染するの?潜伏期間は?症状と対策は?
インフルエンザの症状を疑う 熱が出ない?微熱のみ?頭痛のみ?
善玉菌を増やすには?食品の内容で増える?サプリメントの効果は?

Menu

HOME

TOP