口臭を予防する歯磨きの方法とは?薬はあるの?どんなグッズが良い?

20151218-1

口臭の予防として、歯磨きやうがいをなど様々な方法で対策をとっている方が多いでしょう。

口臭がひどいと周囲に迷惑をかけてしまいますから、対策をとった方が良いと思います。

でも、歯磨きといっても様々な磨き方があり、またキレイに磨くのも難しいものです。

ここでは、口臭を予防する歯磨きの方法や薬、グッズについて紹介したいと思います。

スポンサードリンク

口臭を予防する歯磨きの方法とは?

口臭の予防を改善するためには、口の中の環境を整えることが重要です。

歯垢が原因で口の中に細菌が増殖して口臭となっている場合もありますから、歯磨きをきちんと行うのが最も効果があるでしょう。

口臭の予防の歯科用品として代表的なものは歯ブラシではないでしょうか。

歯ブラシで丁寧に歯を磨いて歯垢が付着するのを防ぐことができれば、口臭の予防に繋がります。

歯ブラシで歯磨きの方法は、歯科技師に聞くのが一番いいのですが、歯科技師によってもいろいろ違ってきます。

最近では糸ようじも併用するよう指導されることが多いですね。

歯ブラシだけでは歯と歯の隙間の歯垢や細菌を全て取り除くことはできませんので、糸ようじでカバーします。

しかし、歯ブラシと糸ようじによる歯磨きの方法を聞いても、言われる通りに実践するのは、なかなか難しいものです。

そこで、歯科医がオススメするのが電動ハブラシです。

電動ハブラシは、効率よく歯を磨くことができるので、口臭の原因となる歯垢や細菌を楽に取り除くことができます。

最近では、歯間洗浄だけでなく歯周ポケット洗浄、歯ぐきケアもできるジェットウオッシャー機能を備えた電動ハブラシも登場していますよ。

口臭を予防する薬はあるの?

うがい薬で口臭の予防をしようと考える人もいると思います。

喉の腫れや痛みが原因で口臭となっている場合がありますから、うがい薬で口臭の予防をする方法を試してみてください。

喉の痛みや腫れを抑える成分や殺菌作用のあるうがい薬もありますから、口臭の予防に効果を発揮してくれると思います。

タバコを吸う方で喉がいがらっぽいという方に、うがい薬はオススメの口臭の予防の方法でしょう。

そして、口臭の予防には、生薬を配合した歯槽膿漏の治療薬もあります。

歯槽膿漏はお年を召した方だけでなく、若い方にも見られる歯茎の症状です。

スポンサードリンク

この歯槽膿漏が原因で口臭となっていることもあるので、生薬を用いた軟膏で口臭の予防をするのが良いと思います。

ただ、生薬を用いた口臭の予防の軟膏は、自覚症状が無くなっても継続することがポイントです。

口臭は自分では気付かないことが多いようですから、生薬を用いた口臭の予防の軟膏はしばらく使い続けると良いでしょう。

また、口臭の予防の薬には葉緑素を用いたものもあります。

葉緑素を用いた口臭の予防の薬は、口臭だけでなく体臭も予防してくれるようです。

更に、口臭の予防の薬には、クマ笹の葉から取り出したエキスを配合しているものもあります。

口臭の予防だけでなく疲労回復や食欲不振にも効果を発揮してくれる薬のようですから、健康維持にも役立つでしょう。

口臭を予防するグッズはどんなものが良い?

口臭の予防のグッズには様々なものが登場しています。

私も口臭の予防が気になるときは、グッズを活用しています。

ミント味のサプリメントを飲んでみたり、爽やかな香りのするタブレットやガムを噛んでみたりします。

口臭の予防グッズには、バラの香りがするというサプリメントがあります。

吐く息がバラの香りになるのであれば、とても効果的な口臭の予防グッズなのではないでしょうか。

また、このバラの香りがするというサプリメントには、美肌を目指す女性にとって嬉しい成分も配合されています。

今話題のヒアルロン酸にコラーゲンが配合されているということですから、口臭を予防しながら美しいスベスベな肌になることができるでしょう。

口臭の予防グッズには、腸内環境を整えてくれるものもあります。

腸内に悪玉菌が繁殖すると口臭の原因になるので、この悪玉菌が繁殖するのを防止してくれるというものです。

マッシュルームから取り出したエキスが配合されていて、このエキスが口臭の予防に効果的なのだそうです。

まとめ

日本では、ほとんどの人が1日に2回以上歯磨きをしているそうです。

しかし、40歳以降では約80%以上の方が歯周病にかかってしまうと言われています。

これは、ブラッシングをしていても磨き残しがあるためですね。

歯ブラシできれいにできるのは、歯の外側と内側の部分だけで、一番重要な歯と歯の間や、一番奥の歯の奥の面は磨けません。

歯ブラシ1本で磨き残しなくケアすることは、非常に困難です。

したがって、歯ブラシのみに頼るのではなく、部位に合わせた補助道具を使って、「歯ブラシ+αのケア」を取り入れる必要があります。

スポンサードリンク
  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




関連記事

白内障を疑う症状って?手術で視力が改善するの?手術の費用は?
年末年始の旅行で国内ツアーで人気なのは?温泉は?予約するには?
バレンタインデーのチョコの簡単手作りレシピは?ラッピング方法は?
調理師免許の受験資格とは?免許の取り方は?受験ではどんな問題が?
男性のダイエットにはどんな方法が?食事のレシピは?サプリメントは?
外貨預金は投資初心者におすすめの資産運用?金利は?確定申告は?
個人事業主の確定申告 開業届出していない場合は?経費は?やり方は?
手のシミができる原因とは?効果的に消す方法は?ハンドクリームは?
渋谷ヒカリエでオススメのランチメニューは?スイーツは?お土産は?
結婚式の招待状 返信のマナーは?返事の書き方は?欠席する場合は?
保険料控除の申告書の書き方は?住民税を軽減するには?個人年金は?
カルティエのラブブレスの中古は新品仕上げ?色はシルバー?YGも魅力?
甘酒を米麹で作るレシピは?最も簡単な作り方とは??カロリーは?
高時給のバイトで日払いもあるの?短期はどんな仕事?単発の仕事は?
合格のお祝いの言葉とは?お祝い金の相場は?添える手紙の書き方は?

Menu

HOME

TOP