ゴミのリサイクルの方法とは?どんな種類があるの?マークの見方は?

a0800_000290

ゴミのリサイクルとはゴミを再利用するということですよね。

ゴミを出さない、再利用、再使用することが注目されていて、ゴミリサイクル箱がスーパーの店頭などに置かれていると思います。

ペットボトル、プラスチックトレーなどはゴミリサイクルできる素材として代表的なものでしょう。

また、古新聞や古雑誌がトイレットペーパーへ生まれ変わるというリサイクルも世間に浸透していると思います。

これから年末に向けて大掃除などが行われますが、その時にはゴミのリサイクルを考えることになると思います。

ここでは、ゴミのリサイクルにはどんな方法、種類、そしてマークがあるのかを解説していきましょう。

スポンサードリンク

ゴミのリサイクルの方法とは?

ゴミのリサイクルの方法は、集められたゴミの種類、地域によって異なります。

ただ、どの方法も、始めは人の手によって分別されるというところは同じです。

ゴミのリサイクルを効率よく進めるために、まずは家庭ごみをきちんと分別することろから始めます。

例えば、ペットボトルは店頭などで回収され、中間処理施設へと運ばれます。

中間処理施設では人の手によって、ペットボトルに付いているキャップなどの異物が取り除かれます。

ペットボトルに異物が混ざっていると、効率よくペレットやフレークの状態にすることができないようです。

ですから、まずは異物を人の手によって取り除く作業が行われるのだとか。

家庭からペットボトルをゴミとして出すときは、リサイクルがスムーズに行われるように、キャップや異物を取り除いてからゴミとして出すようにすると良いと思います。

人の手によって異物が取り除かれたペットボトルは、工場へと運ばれ、そこで更に異物が取り除かれるという方法が採用されているようです。

異物を取り除いて綺麗に洗い、薄片のフレーク状にされ、このフレークから様々なものが作り出されます。

このゴミリサイクルの方法で繊維が作られ、ワイシャツなどに生まれ変わるということは有名でしょう。

そして現在、ペットボトルからペットボトルを作るという方法が注目されています。

ペットボトルを化学分解して再利用する方法になるようです。

プラスチックの処理方法は、各自治体によって異なるようです。

東京23区では、プラスチックを回収しないようです。

プラスチックごみをゴミのリサイクルとして処理するのではなく、可燃ごみとして処理しているようです。

しかし、同じ東京23区であっても、一部の区では、プラマークの付いたプラスチックごみは、資源ごみとして回収しています。

ゴミのリサイクルって、どんな種類があるの?

ゴミのリサイクルには、たくさんの種類があります。

素材別にゴミリサイクルマークは決められていますよね。

また、既に仕上がっている製品に付いているゴミリサイクルマークもあるようです。

スポンサードリンク

ですから、ゴミリサイクルマークを見て、今自分がゴミとして出そうとしているものはどのような素材のものなのか、確認してから捨てるようにすると良いと思います。

そして、どのような商品を自分が購入しようとしているのか、ゴミリサイクルマークを確認してから購入すると、リサイクルに貢献することができるでしょう。

ゴミリサイクルには、マテリアルリサイクル、ケミカルリサイクル、サーマルリサイクル、プロダクトリサイクルといった種類があるようです。

マテリアルリサイクルは、ゴミを原材料として製品を作るというゴミリサイクルになるのだとか。

ゴミとして捨てられたペットボトルを集めて粉々にし、そこから異物を取り除いてペレットやフレークの状態にして原料とし、製品を作り出すことによってゴミリサイクルが成立するようです。

ペットボトルから繊維を作り出し、その繊維でワイシャツなどを作るのがマテリアルリサイクルです。

ケミカルリサイクルとはプラスチックに熱や圧力を加えて、石油や化学原料に戻してから使うというゴミリサイクルになります。

ですから、ケミカルリサイクルというゴミリサイクル技術では、プラスチック製品から、またプラスチック製品を製造することができるようです。

サーマルリサイクルは、プラスチックを燃やすときに高熱が出ることを活用したというゴミリサイクルになります。

サーマルリサイクルというゴミリサイクル方法で、温水プールを維持したりするようです。

また、サーマルリサイクルというゴミリサイクル方法で、プラスチックを燃やすときに出るエネルギーを冷暖房などに活用している施設もあるのだとか。
プラスチックを燃やすときに出る高熱は、様々なことに応用が利くようです。

ゴミのリサイクルでのマークの見方は?

ゴミリサイクルマークには、矢印で円が描かれていて、その円の中心に「スチール」の文字が記されているものがあります。

このゴミリサイクルマークはスチール缶を意味していて、ゴミに出すときはアルミ缶と分別しなければならない場合が多いでしょう。

また、矢印で三角が描かれていて、三角のところに「アルミ」と記されているものは、その缶の素材がアルミであるということを表しているゴミリサイクルマークになります。

アルミ缶は潰してから塊にし、そして溶かして素材にするようです。

アルミ缶をゴミリサイクルした素材からは、またアルミ缶が作られたり、アルミサッシが作られたりするようです。

矢印三つで角の丸い三角が描かれ、その中心に1という数字があり、その三角の下に「PET」と記されているゴミリサイクルマークは、ペット樹脂が使われている製品であるということを表しているようです。

砕いて溶かして素材にできるペットボトルなどに付いているゴミリサイクルマークで、ワイシャツなどに生まれ変わるようです。

まとめ

サーマルリサイクルというゴミのリサイクル方法では、プラスチックを燃やすときに出るエネルギーを冷暖房などに活用している施設もあるそうですね。

プラスチックを燃やすときに出る高熱は、様々なことに応用が利くようです。

ですから、ゴミリサイクルマークをできるだけ把握し、上手にゴミが捨てられるようになりましょう。

ゴミリサイクルマークを見ながらゴミを捨てたり商品を購入したりして、少しでも地球環境に貢献していきましょうね。

スポンサードリンク
  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




関連記事

ヴィトン長財布の本物を買うためには?偽物・コピーの見分け方とは?
リンパマッーサージの効果で小顔美人に?足痩せに挑戦?肩こり解消?
年末年始の旅行で国内ツアーで人気なのは?温泉は?予約するには?
顔のシミを消すにはどういう消し方が?取り方は?レーザー治療は?
インフルエンザのピークは2月で全国的に流行?種類は?予防接種は?
メンズ香水を女性がつけるのは?女性に人気なのは?ブランドは?
金運上昇の方法 評判の神社は?新しい財布に替える?手相が変化?
ノロウィルスに感染した子供の症状とは?治療するには?食事は?
電動除雪機って役に立つの?充電式除雪機はある?北海道でも可能?
インフルエンザ ワクチンの危険度は?どんな副作用があるの?
ムダ毛の処理 上手に行う方法は?ビキニラインは難しい?クリームは?
都立高校の受験対策は中学一年生から?内申の割合は?塾は必要?
スケジュール手帳の種類とは?ディズニーはダウンロードできるの?
結婚式の祝電のマナー 選ぶ言葉は?オモシロネタは?ぬいぐるみは?
FX デイトレード 初心者がやるべき手法は?やり方のコツ?必勝法は?

Menu

HOME

TOP