アルバイトで高校生可のものは?法律に引っかからない?時間制限は?

20151208-1

最近のスーパーマーケットのアルバイトでは高校生でも簡単な作業で働けるので、意外と人気があるそうです。

学校が終わる時間からが一番人手が欲しい時間に当たりますから、高校生は非常にありがたい存在らしいです。

でも実際、アルバイトで高校生可って、他にどんなものがあるのでしょうか?

ここでは、高校生のアルバイトでも気になる法律と時間制限について解説していきます。

スポンサードリンク

アルバイトで高校生可のものは?

高校生可のアルバイトの場合、お店がしっかりと健全で、マニュアルがしっかりと決まっているところが多いようです。

すると社会で働いた経験が薄い高校生でも、仕事がすぐに覚えられますよね。

最近では安い時給で雇うことができるから、と高校生のアルバイトを増やしているチェーン店もあるようです。

アルバイトで高校生可なものをいろいろ探していくと、飲食店のレジカウンターやウェイター、ウェイトレスが多いようです。

中には肉体労働系で高校生可のアルバイトもあるようですが、かなり根性がいるかもしれませんね。

また高校生可のアルバイトでは書店などの販売や本の整理といった仕事もあるようですが、書店もかなり大変なようです。

高校生可のアルバイトでも、職場に出たのであれば、お客様に一人前の店員として接しなければなりません。

高校生可のアルバイトだからといっても、やはり職場では高校生だから、ということは、働く時間や時期以外は通用しないのです。

ですから意外と楽な高校生可のアルバイトというのは、あまりないのかもしれませんが、それでも高校生は頑張っています。

アルバイトで高校生は法律に引っかからない?

高校生のアルバイトであっても、きちんと労働基準法で定められていることが適用されています。

ただし、高校生は未成年になりますから、履歴書と一緒に年齢証明書が必要になってきます。

スポンサードリンク

また、法律の中で決められていることは、高校生は両親と学校の許可がなくては基本的には働くことができないのです。

やはり自分がどんなに働いてお金を得たいと思っても、法律では高校生は未成年ですから、両親と学校の許可が必要になります。

高校生のアルバイトが法律で守られているということがわかったのであれば、安心して働くことができそうですね。

ですから高校生のアルバイトは法律を守る責任も発生してくるということを忘れないことが大切です。

そのために雇用主と労働契約は高校生である本人が結ばなければなりませんから、責任を持ちましょう。

高校生のアルバイトは意外と法律に関して知らないことが多いようですが、法律で守られていますし、また法律を守らなければなりません。

そういう事情もありますからアルバイトを始めたいと思っても、まずは法律では両親と学校の許可が必要です。

アルバイトで高校生の時間制限は?

高校生のアルバイトは平日ならば、学校が終わってから働きに行くようになっていきます。

ですが法律では、高校生のアルバイトは午後10時から翌日午前5時までは働いてはいけないようになっています。

加えて高校生のアルバイトであっても、連続して労働時間が6時間を超える場合には45分以上の休憩時間を与えられるのです。

基本的には高校生のアルバイトは学校が終わってから午後10時までは働いてもいいということになります。

しかしそんなに働いてしまったのでは、肝心な勉強時間がなくなってしまいますから、ほどほどの時間を働くべきですね。

高校生のアルバイトでも学校が休みになる日だけ働くという形があるかと思いますが、その場合でも